株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2014年05月07日

我が国の存立が脅かされる

安部政権になって積極的に議論されている憲法第9条の改正について、集団的自衛権を使えるように「自衛権発動の3要件」を見直す調整に入ったという報道がありました。

一見は国益を守る上で正論のような立て付けに聞こえますが、この憲法解釈は非常に重要で今後もより一層の審議を祈念します。


特に今回の自衛権発動の3要件の前提条件に、北朝鮮と中東のホルムズ海峡での有事を想定していると明言されていることが個人的には気になります。


我が国がイスラム圏のテロリストの脅威にさらされていないセーフガードがこの憲法第9条だと考えているからです。


イスラムのハンムラビ法典にある『目には目を歯には歯を』は有名ですが、集団的自衛権に基づく先制攻撃を行わない我が国は、報復を受けることはないと解釈できないでしょうか?


穿った見方をするとアメリカの同胞として、報復を受けるリスクのヘッジをかけられていると解釈できなくもないですよね。


公明党がこの点に関しては反対の対立軸を明確にしていますので、是非、慎重に審議を進めていただきたいですね。
posted by core at 06:00 | Comment(0) | ビジネス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.