株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2008年01月01日

おせち料理

新年明けましておめでとうございます。2008年子年がはじまりました。皆様にとって、私どもにとってどのような1年になるのでしょうか?いい年にできるように頑張りましょうね!!!

新年最初の談話は、正月にちなんだおせち料理の話です。

おせち料理の語源は、宮中での「お節供」と言われています。1年に五つの節句を持つ日本の暦。この五つの節句に、神様にお供えをし、家族そろって節振舞にあずかります。この行事が江戸時代後期に庶民へと広まり、やがて、正月のお供えだけが「おせち料理」と呼ばれるようになったそうです。

おせち料理は「めでたいことを重ねる」という願いから、重箱に詰めるのが習わしですが、五段重が基本とする説と四段重が基本とする説があるようです。上から一の重、二の重、三の重、与の重に、控えの重として五の重があるとされます。

その土地や家風によって中身の順番も様々で何が正式であるかを追求するのはナンセンスでしょうね。伝統のなかにも様々な地域や家の心意気が詰まっており、重厚かつ柔軟な文化の伝承がなされており企業経営のエッセンスにもつながっているのではないでしょうか?


さてせっかくおせち料理がテーマですから、代表的なおせち料理の名前の由来について少しふれてみましょう。

●黒豆・・・これを上手に炊き上げればお嫁さんは及第点といわれたそうです。まめ(健康)に暮らせるようにという思いが込められています。 
● 数の子・・・現在は高級品ですが、かつては簡単に入手できる一般的なものだったそうです。子孫繁栄の意味が込められています。
●田作り・・・豊作を願い、小魚を田畑に肥料として撒いたことが名称の由来です。
●昆布、昆布巻・・・喜ぶの言葉にかけています。
●橙(だいだい)・・・代々に通じる語呂合わせ。子孫が代々繁栄するようにという願いが込められています。
●錦たまご・・・黄味と白味の二色には、料理の二色と豪華な錦との語呂合わせです。
●金平ごぼう・・・江戸時代の浄瑠璃で大ヒットした豪傑金平にちなんで、強さや丈夫さを願ったものです。
●紅白蒲鉾・・・紅はめでたさと喜び、白は神聖という意味が込められています。
●紅白なます・・・お祝いの水引をかたどったものです。
●里芋・・・里芋は子芋がいっぱいつきます。子宝にめぐまれるように。
●栗きんとん・・・黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年であるようにという願いが込められています。
●伊達巻き・・・昔の人は大切な文書は巻物に装丁し、絵は掛軸に仕立て、家宝にしていました。華やかさ、派手さの形容ですが、大切な思いを込めていたようです。

いかがですか?他にもたくさんあるようですが今回はこの程度にしておきます。たまには料理の由来も食卓の宴の楽しみに加えてみてはいかがでしょうか?




posted by core at 07:50 | Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
ありがトゥース
Posted by あぽあぽ at 2010年01月01日 09:53
あぽあぽさんへ

お役にたてましたでしょうか?

正月の話の種になれば幸いです!
Posted by coremanagement:Okabe at 2010年01月01日 11:03
弟が変なコメントをし申し訳ありません(汗)
Posted by さくらこ at 2010年01月01日 11:14
さくらこさんへ

いえいえ

オードリーの春日かと思いました(笑)

Posted by coremanagement:Okabe at 2010年01月01日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.