株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2013年08月28日

見たいのは勝負

先日、ヤクルトのバレンティンが50号本塁打を放った。

残り33試合で6本塁打を放てば56本塁打になる。



王貞治、タフィ・ローズ、アレックス・カブレラが持つ55本塁打の記録を破る。



ローズ、カブレラが55本塁打で並んだ後、どちらもパ・リーグだったこと、外国人だったこと、そしてその時ホークスは王監督だったこと、そのような要素が絡み合って新記録のチャンスをいずれも相手チームの投手は勝負を明らかにさけて新記録樹立にはならなかった。



現在、バレンティンは2試合に1本のペースで本塁打を放っている。逆転のために必要な6本塁打は残り試合数を6試合に1本でいいことになるが・・・



さあここで所属するヤクルトは現在、最下位、クライマックスシリーズ出場の望みはあるものの勝敗だけを考えると敬遠が必要なケースは限られてくる。



まだ後20試合ぐらいなら相手投手も勝負してくれるはずだ。



だとしても4試合に1本でいい計算になる。



無意味な敬遠はうんざりだ。



外国人なんて関係ない。



見たいのは真剣勝負であり、新記録である。



この際、56本ではなく60本ぐらい打って固定概念、悪しき慣習を吹き飛ばしてくれ!!!



そして、その記録を破る真のスラッガーの登場を待とうではないか?



頼むぞ!!!おかわり君!!!
posted by core at 06:00 | Comment(0) | メッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.