株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2013年07月29日

ITに振り回される

いまやIT(インフォメーション・テクノロジー)環境は、完全に企業のインフラになっています。

インターネット、メール環境、ネットワークサーバー、もはやインフラどころか企業にとって外部と内部、そして重要なデータを掌るライフラインと言っても過言ではありません。



だからこそ、外部からのウイルスによる環境破壊、内部の運用ミスや様々な故障を筆頭としたアクシデントでライフラインが断たれて数時間、どうかしたら数日の業務に支障をきたし、莫大な損失(特に機会損失)を被る場合が多々あります。



弊社も常にこのような脅威のリスク対策を講じてはいますが、ITの進化速度があまりにも早くリスク対策を講じて整った途端に既に遅れた環境になってしまっているというケースの繰り返し・・・



もはや毎週のようにIT環境のアジャストを行っている状況です。



基本は、IT環境は俗にいう”いいとこ取り”で組み立てると、トラブルが発生したときの障害切り分け、つまりはトラブルシューティングからソリューションへのタイムラインが長引き、機会損失が拡大するというケースが非常に多く見受けられます。



企業の大事なライフラインですから、一括でハード、ネットワーク、アプリケーションの環境構築を単一の専門業者に任せた方がベターです。そして必ず客観的視点を取り入れるため、つまりは視野狭窄、外部からの新着情報のスクリーニングをしていただけるように、セカンドオピニオンを立てることが望ましいと思います。



セカンドオピニオンはIT環境における自分が求めていることを、ファーストオピニオン以上に理解してもらっていることが好ましいですね。端的にいえば、セカンドオピニオンにはちょっとした我がままを投げかける関係がベストです。



そこから、思わぬアイディアが生まれることもあるからです。



まあ、いずれにおいてもあまりにも複雑化したIT環境下では、今後も随時、振り回されていくのでしょうね(汗)
posted by core at 06:00 | Comment(0) | 岡部のIT考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.