株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2013年05月20日

リスク、不確実性、そして想定外

東日本大震災を境に今まで以上にリスク管理というものが企業経営者のみならず、私たち一般消費者まで広く浸透するようになりました。

今回、おすすめの書は私たちにあらためてリスクの概念、ロジックというものを解り易く説いていただき、さらにはリスクと向き合ううえでの対応策、マインドまで伝授してくれます。



まずは、リスクと言えばひとくくりですが、著者はこのリスクをこの書のタイトル通り、『リスク』、『不確実性』、『想定外』という三つの区分にわけて認識する必要があると説かれています。



『リスク』は予見できるもの、予見はできてもどのような状況になるかが予測不可能な『不確実性』、そして全くの『想定外』ということになりますが、いずれにおいても準備、対応しておかないといざという事態に対処できないということになります。



ここのベースになるものは企業経営の経営理念であり、自分自身が生きていくうえでのアイデンティティともいうべき”幹”になるもので、その前提は『大事なものを守る』ということになります。



『大事なものを守る』ためにそのリスク、不確実性、そして想定外を予見、準備、対応するための心構えとなるものが



・将来のことについて謙虚である
・気づきを大切にする
・木を見ず森を見る



この三つになります。いずれも各論、視野狭窄、思考のバイアスがかからないように、そして総論、大局的、俯瞰思考、そして何よりも想像力が重要になるということを実践するうえでの心構えを教えていただけます。



過去の歴史の史実に基づく例も非常に解り易く、私自身もあらためてリスク管理に対する考え方に大いなる気づきをいただきました。



是非、手にとって読まれてください。

posted by core at 06:00 | Comment(0) | おすすめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.