株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2013年03月27日

歎異抄

浄土真宗の開祖、親鸞の直弟子ともいわれる唯円が師の法語を集めた書が歎異抄と言われています。

今回おすすめの書は、この歎異抄の原語ではなく現代語訳にされて『全文とことん読みやすくしました!』シリーズです。



日本を代表する名著ですから、私も何度となくトライしましたがさっぱり書いてあることが解らず、挫折することもしばしば、歎異抄について書かれた文献もいくつか読んでアプローチを試みましたが如何せんもとの内容を存じ上げないのでピンとこない、モヤモヤしていたのですが・・・



この書は非常に有難いのです。現代語訳をされたのは金沢秋男氏で仏教民俗学、仏教思想の第一人者の方です。勿論、現代語訳にこの方の思想が反映されているかもしれません。現代の言葉の通訳においても訳する方の主観でニュアンスが変わって伝わることがあるようなことがこれでも生じているかもしれません。



しかしながら、ベースがあればそこからそのニュアンスが主観なのか、客観なのかの検証ができることも事実です。



宗教観は、私たちが現世で生きる上での道徳観、倫理観とは全く違うものになります。



南無という言葉『信じる』ということであり、その部分をもっと掘り下げれば全宇宙の真理にまで到達するのでしょうが、世俗的な生活に浸っている私ではなかなか難しいことでありますね。



真理に触れるきっかけをいただける入門書と思われて是非、手に取られて見てください。



posted by core at 06:00 | Comment(0) | おすすめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.