株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2013年02月24日

やっぱりサムライジャパン!!!

まもなく第3回のWBCが開催される。第1回、第2回の覇者である我が国サムライジャパンであるが、開催前から参加か否かで選手会とすったもんだ・・・

選手会の妥結で参加が決まった後も、日本のリーダー、第1回、第2回のシンボルでもあったイチローの不参加表明、さらには代表監督の選考でもギリギリまで難航、正直今回は全体的に地味だしどうでもいいやなんて個人的にも思っていましたが・・・


WBC合宿最後の広島との練習試合でもわずか3安打、投手はいいけど打線が・・・は前回と変わらず、しかもイチローのような絶対的オーラ、リーダーシップを持った野手も不在、そのような重苦しい空気をそのまま持ち込んだ先日のオーストラリアとの壮行試合でした。


6回過ぎからながらで見ていましたが、初回に不調のマー君が2失点、打線は予想通りの沈黙の1安打、明らかにオーストラリアの野球は稚拙でもらいものチャンスも得るのですが、あと一打がでない本当にフラストレーションがたまる展開でした。


しかしあらためて投手力の重要さは認識させらた試合展開でしたね。貧打のチームにおいてもワンチャンスでの逆転の可能性がある点差なのでその後の杉内、特に6回から登板した能見のピッチングは圧巻でした。WBCの使用球へのアジャストが完全ではなく時折、すっぽ抜けが出てましたがその球はリスクのない場所に配球、3回6三振で8回裏のサムライジャパンの攻撃を向かえます。


流れを変えたのは8回一死からの中田の快心の当たりがゴロで三遊間を抜いたところから、テレビの解説をしていた古田氏が「このピッチャーなら打ち安いから打てるはず・・・」口調こそ柔らかいもののジャパンの力量との比較からのもどかしさ伝わってきた直後、途中出場の井端もベテランらしく右方向に連打で続きました。


ここで向えたのが前回のチャンスで主将の阿部に代走が出ていたために、途中出場していたベテランの第二の捕手36歳の相川、相手投手の配球を完璧に読みほぼ決め打ちのストレート狙いで見事な逆転スリーラン!!!まさにワンチャンスを一撃で仕留めました。


集中力とレベルの違いを感じた瞬間でした。


チームの主軸が空回りしているところを新鋭の一振りで突破口を開き、脇役のベテランの力でひっくり返すとは、壮行試合とは言えやはり痺れましたね!!!


後は、気になることは前回までのイチローのような打線の主軸がいないということです。阿部はリーダーとしては問題ないですが、ここ一番でこの人の一打が欲しいというイチローのようなバッティングにおいてのヒーローというタイプとは違います。おそらくその役目が自分だと内川が自身でも思っているのではないでしょうか?昨日の打席、その重圧と硬さが全打席に出てましたね。長野もそのような感じでした。


期待はいい意味でのプレッシャーレスが中田に働いてくれれば持前の長打力もいかんなく発揮できるでしょう。


まあ、いずれにおいてもやはりサムライジャパン、結局大会が終わるまで私も注目し続けるでしょうね(笑)
posted by core at 10:34 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.