株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2012年11月03日

さあ、決戦だ!!!

2012年の日本シリーズ、セ・リーグの覇者である読売ジャイアンツとパ・リーグの覇者である北海道日本ハムファイターズが緊迫感あふれるこれぞ日本シリーズという最高の決戦を見せてくれています。

私は、ホークスのファンですから昨年のホークス日本一はうれしかったものですが、シンプルに日本シリーズの決戦内容という観点で考察すると、今年の日本シリーズの方が圧倒的に見ごたえがあります。

1戦目はジャイアンツのワン・サイドでその前のCSの流れをそのまま持ち込み、試合勘が鈍っているファイターズがこのままズルズルと行って4連敗もあるかもと思わせる内容でしたが、2戦目から様相が一気に変わります。

ファイターズは結果は2連敗でしたが、武田勝は長野に先頭打者ホームランこそ打たれましたが、それ以外はほぼ完璧な内容、後を継いだ中継ぎ投手陣も臆することなくシーズン同様(以上)の内容でジャイアンツ打線を封じました。

8回表ファイターズとしては打線の巡り合わせもよく、先発の沢村も疲れが出てくるタイミングとしてはこのイニングしかないという局面でしたが、ファイターズの気迫を上回る圧巻の3者連続三振でファイターズも万事休すでした。



ところが、この第2戦ファイターズにとっては敗戦でしたがこの試合で明らかに普段通りの戦いを取り戻したのです。

北海道に戻ってからは明らかに全くの互角の展開で2勝2敗に追いつきました。特に4戦目の飯山のサヨナラヒットで勝敗を五分に戻した1戦は、両チームとも出てくる投手が完璧という内容で投げ合い0‐0の試合であっても最高の緊迫感がヒシヒシと伝わってくる内容でした。

5戦目は1戦目と似たような展開の試合でしたが、観点を変えてこの結果を考察すると吉川が打たれただけです。6戦、7戦には吉川は登場しません。王手をかけられたと考えるか戦略上想定内の1敗と考えるかで本日からの決戦への入り方のメンタル的影響は少ないと考えます。

実は原監督、栗山監督の決戦前のコメントも双方とも7戦までを想定した戦術、選手起用を示唆するニュアンスが出ています。


剛の沢村か!?柔の武田か!?


阿部は登場するのか!?中田は火を吹くのか!?



う〜ん楽しみ!!!

posted by core at 09:45 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.