株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2012年09月03日

国家にECRS

まずECRSですが、業務プロセスの無駄取りを進める時に検討する4つのステップのことを言います。

E(Eliminate)は排除を意味します。
C(Combine)は結合を意味します。
R(Rerrange)は置換を意味します。
S(Simplify)は簡素化を意味します。


もう少し解り易く表現すると、


排除とは、業務プロセスをやめることができないか?

結合とは、複数の業務プロセスを一緒にできないか?

置換とは、業務プロセスを入れ替えることができないか?

簡素化とは、業務プロセスをより簡単なものにできないか?



確かにこの手順で業務プロセスを見直すとより合理的、効率的に実現できると思います。



断捨離という言葉にもあるように、まずは排除から取り組むことが一番重要なのです。



排除というものは現象であれば明確な取り除くイメージを持たれるようですが、そこは慣習やルール、従来の固定観念などの実は抽象的なものがその根底にあるためになかなか進まずに簡素化、置換、結合といわゆる合理的、効果的プロセスの逆から進める場合が多いのです。

要するにパラダイムシフト(認識転換)ができていないので結果的に元の状態に戻るということが多いのです。



さてタイトルの国家にECRSですが、最近では小泉純一郎氏が郵政改革でこの手法を明らかに用いています。



そして今、維新の会を率いる橋下大阪市長がまさにこのECRSのしくみで国家そのもののしくみを変えようとしています。



衆議院議員の議席数を480から240へ半減する、さらには300ある小選挙区を150に半減するという“排除”を掲げました。



その先にあるものは、志もっと平たく言えば政策の方針が一致する人たちと“結合”して、官僚統治機構そのものを“置換”た後、地方に自治権を移譲して政府は政策の策定、外交に特化した“簡素化”小さな国家を目指すものではないでしょうか?



ん!!!消費税を増税しなくてもいいのでは???



何て期待もしてしまいます。
posted by core at 06:00 | Comment(0) | ビジネス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.