株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2012年08月29日

日本でいちばん大切にしたい会社

今回のおすすめの書は、企業とはこうあるべきだというバイブルのような書です。

この稿で私自身が繰り返し引用している二宮尊徳氏の言葉があります。



経済なき道徳は寝言である、道徳なき経済は犯罪である。



日本が資本主義社会になり、高度経済成長を経てバブル経済の崩壊を経験したプロセスから終身雇用制度から、成果主義への移行、その成果主義制度も事実上成り立たず、そうこうしているうちに少子高齢化による社会保障問題を中心とした国家そのものの財政破綻懸念が顕在化してきており、経済における最適解は何か?と人々が強く感じていると思います。



著者は企業経営を「五人に対する使命と責任を果たすための活動のこと」と定義づけ、その使命と責任とは「幸福の追求」と「幸福の実現」と結論付けています。



そしてこの五人とは



一、 社員とその家族
二、 社外社員(下請け、協力会社の社員)とその家族
三、 現在顧客と未来顧客
四、 地域住民、とりわけ障害者や高齢者
五、 株主・出資者・関係機関



資本主義社会の暴走はとりわけ五を重視した経営になっていました。今もってしてこの傾向は強いですし、それが当たり前と思っている方も多いと思います。



そこに警鐘をならし、本来の企業における社会的責任というものを伝えるべく刊行されたのがこの書であり、著者は100社以上紹介したい会社があると述べていますので現在3巻まで発行されていますがまだまだ続くようですね。



紹介された20社のなかで私自身が印象に残ったのは7社でした。勿論、これは私の主観なので皆様も是非、読まれてみてください。必ず心に響くものがあります。



私が印象に残った7社を記載します。
@ 日本理化学工業
A 中村ブレイス
B 富士メガネ
C 亀田総合病院
D 徳武産業
E 中央タクシー
F 清月記






追伸
読んでいて涙が出てきます・・・
posted by core at 06:00 | Comment(2) | おすすめ
この記事へのコメント
この本をご紹介して良かったです。
会社経営の肝は、一番身近である人を幸せにすることから。この経営の本質を見失っている経営者は巨万といます。従業員をただの駒として扱う会社は定着率に現れますね、上辺だけの言動では信頼関係が築けない。同じ人間同士、会社から大事にされているかどうかは「魂」で感じるものですね。会社から大切にされれば、会社に尽くしたいという魂が自然に芽生えます。そんな感謝に満ちた魂を持った従業員の頑張りは顧客のハートをとらえ、結果として、お客様からの感謝の総和である売上を支える。この厳しい時代にそのような経営を実践し、成功させている会社が存在することに感謝したいですね。
Posted by 月一三郎 at 2012年08月31日 12:17
月一三郎さんへ

この著者は、このような企業を支える経営者、従業員の方々と触れるプロセスの中で「五人に対する使命と責任を果たすための活動のこと」という定義が明確になったのだと思います。

つまりは、経営者がしっかりと持っていらっしゃる感謝の気持ちがあふれ出るように周りの方々を包みこむことによって会社は社会的に責任を持った公器として昇華するのであれば、やはりその源泉の経営者の責任はやはり尊くもあり、重たくもあります。

私自身そのことをより一層、心に刻んで社会のために企業経営に取り組んで参りたいと思います。

素敵な本のご紹介有難うございました。
Posted by coremanagement:Okabe at 2012年08月31日 12:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.