株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2011年12月13日

少し残念な話

本日の稿は、私自身の述懐です。ある方々に関することを抽象的ながらにも具体的に述べます。当事者以外はピンと来られないでしょうが商売のヒント、エッセンスは折り込んでいるつもりですから参考にされる方は心して?読まれてください。

今から6年9ヶ月も以前のことになります。

私は大病を患いました。

2度に亘る大手術、2ヶ月半にも及ぶ入院、3ヶ月以上の休職、1年に及ぶ医学治療、そして現在に至るまでも継続的モニタリング(検査)を受診しております。

幸いにも周りの様々な方のサポートに恵まれて日々、元気に、楽しく過ごしています。



さてその中でのサポートの方々においてひとつだけ残念な話があります。



退院後、お世話になっている方を介してある店舗を紹介していただきました(この稿ではこの後はYと称します)。病気と向き合う上での様々な不安を抱えた私をそのYの方たちは親身になってサポートしていただきました。

担当の方は、私のような病状の人を任せられたのは初めてだったようですが、それこそ一生懸命に私自身のQOLの改善のためにアドバイスをしていただきました。Yは組織ですから人事異動は当然あります。担当者が変わった後もそのサポート体制は全く変わることなくYとの関係は6年半に及びました。

その間に担当者の変更は随時ありながらも、私自身の心身のケアをYはしっかりとしてそのときの状況に応じて臨機応変にしていただけました。



そのときの感謝の気持ちは今もって変わることはありません。



しかしながら時の移ろいはそのようなYと私の関係も希薄なものにしてしまうものでした。



きっかけは担当の方の変更でしたが、私自身のYに対する信頼は何の影響もなかったのです。



しかしながら、私自身が忙しくなりYに出向く時間が減ったことも事実ですが、その後は全くYからの音信も絶えました・・・



人生の中で様々な出会い、別れはつきものです。今となってはYとの関係が私の人生にとってはもうご縁がないものに変化したものだと私自身は受け入れています。



しかしながら、経営に携わるコンサルタントとしてYが商売を営むうえでの事業、そして人との繋がりが重要なビジネスモデルと見た場合に、6年半に亘り私自身がYに投下した金額は結構な金額になります。勿論、お金の話をしているのではありませんが、事業が一人の顧客と向き合ううえでのスタンスというものにいささか残念と言わざる得ない対応でした。



顧客管理はどのようになっているのか?



店舗責任者はどのようにお考えなのか?担当者はこの状況を認識しているのか?




最後は老婆心ですが、今後も私自身がコアマネジメントを経営していくうえでも重要な課題を投げかけられたとして捉え、6年半に及ぶ私自身のサポートをしていただいたYへの感謝の意を持ってこの稿の最後の言葉にいたします。



本当に有難うございました。




posted by core at 06:00 | Comment(0) | メッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.