株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2011年09月12日

骨折して気がついたこと

2011年8月1日に骨折して1ヶ月以上経ちました。先日9月7日に骨折箇所に入っていたボルトの抜去も完了しました。骨折箇所はまだ完全ではないため後、2週間程ギブスで固定しておくようです。

現在の状況です。

s-DSCN4714.jpg
s-DSCN4713.jpg

右手の小指と手首の間の中骨を骨折しましたので、ギブスは右手の薬指、小指の2本から手の甲にかけて固定しています。

親指、人差し指、中指は固定されていないため、食事をするうえでのお箸も使えますし、筆記もできます。パソコンの入力も不便ながらもできます、もちろん車の運転も通常通りできましたので業務に大きな支障はきたしませんでした。



私の業務であるコンサルタント業は国家資格ではありませんが、業種、カテゴリでいえばやはり専門職になります。

自分で言うのはおこがましいですがいわゆる士業に類するものになります。



ここで士業の呼称ですが、高度な専門性から取得難度の厳しい資格の名称末尾に「士」の文字がつけられている場合が多いということに由来しているそうです。従来の「士」という言葉は、「師」という言葉も含めてポリティカル・コレクトネスという考え方がその源流にあります。

ポリティカル・コレクトネスとは、言葉や用語に社会的な差別・偏見が含まれていない表現を指し、主に職業・性別・文化・人種・民族・宗教・ハンディキャップ・年齢・婚姻状況等による差別・偏見を防ぐ表現、及び概念を指します。

総じて差別・偏見なくどのような方でも専門的な知識・技術を得とくすればその業務ができるというものがこの士業(師業)だという訳です。

しかしながら、この場合の師業は私のような利き腕を負傷した場合にはその業務の遂行は困難でしょう。



医師、歯科医師、看護師、薬剤師、調理師、美容師、理容師、整体師、鍼灸師etc



いずれも私のような利き腕の負傷があると従事できないものばかりです。



前述のポリティカル・コレクトネスには「師」業は含めない考え方もあるようです。自分自身で骨折してみて「なるほど」と思う部分もありますが、そもそもこの言葉、骨折してからはじめて知った言葉でした・・・



お恥ずかしい・・・

posted by core at 06:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.