株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2011年07月17日

イチローに何が起きているのか?〜その1.

2011年のMLBはいつもと様相が違います。1995年、野茂英雄が海を渡り日本人のメジャーリーガーでの地位を確立してくれました。16年の歳月を経て、今では日本人メジャーリーガーは珍しくないまでになりました。

今では逆輸入も頻繁になり、メジャーリーガーから日本のプロ野球に戻り活躍を続ける選手もたくさんいます。今シーズンだけでも多数の出戻り?選手が活躍しておりますが、ロッテの井口、埼玉西武の石井、現在故障中ですが阪神の城島、等は帰国後も主軸として活躍しています。

さて冒頭のタイトルのイチローですが今年はどうしたのでしょうか?メジャーリーガーとして11年目を迎える今シーズン年齢も37歳と全盛時より身体能力に陰りが出てくるのかもしれませんが、イチローの域に達するとそれさえも凌駕する類まれなるセンス、練習、圧倒的な経験があるはずなのですが・・・

2011年6月7日にイチローは苦悩しているのか?という稿を綴りました。

今回より、シリーズで思いっきり私の主観でイチローの現状に迫ってみたいと思います。

さて2011年シーズン、開幕当初は3割をキープしていました。私たちが認識しているいつものイチローだったのです。異変?は5月に顕在化します。

無安打が続き、急激に下がる打率、伸びない安打数は、シーズン前半が終了するまで続きます。前半戦終了時で90試合、101安打、打率.270、これは162試合終了時点に換算すると181安打のペースにしかなりません。

後半戦スタートの2試合も無安打だったので92試合で101安打です。

11年連続の200安打を達成するためには、残り70試合で99安打が必要になります。今シーズンの前半戦のデータだけで判断するとかなり厳しい状況になっていますが・・・

そこはイチローです。

私たちには想像がつかない、現状での新しい適応(アジャスト力)を発揮しようとしている準備期間かもしれません。



しかし、気になることがあります。



イチローがバッターボックスに入るまでのルーティンワークを見ていて気がついたことがあります。リズムが一定ではないのです。時には早く、時には遅く、そして画面上にバッターボックスに入ったイチローの横顔がピッチャーに向き合って顔が右に向き過ぎている気がします。

勿論、これは私の主観ですが、いろいろ調べたのですがデータが出てきませんでしたが、視力が落ちているのではないでしょうか?

今、しばらく注目を続けたいところなのですが、最近はイチローが在籍しているマリナーズの試合の中継が少ないのでなかなかしっかりと観察できません・・・



皆様もイチローについて何かお気づきのことがありましたら是非、教えてください。



おそらく技術の問題ではないと思います。



さてイチローは今シーズン、200安打、3割を達成できるのでしょうか?
posted by core at 06:00 | Comment(0) | メッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.