株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2011年07月15日

燻し銀が積み上げた偉大なる記録

先日、大相撲にて偉大なる記録が打ち立てられました。大関魁皇が1046勝目を挙げてついに偉大なる横綱千代の富士の最多勝記録を塗り替えたのです。

冒頭のタイトルでも謳っている燻し銀という言葉、まさにこの魁皇関には相応しい言葉だと思います。

燻し銀の意味を調べてみますと

1 いぶしをかけた銀。つやのない灰色になる。また、そのような色。2 見た目の華やかさはないが実力や魅力があるもの。「ベテラン俳優の―の演技」

大関という地位に甘んじたからこそ達成された記録であることは否めないのですが、だからといってこの記録が色あせることも全くありません。

2004年九州場所、その直前場所で優勝した後に迎えたご当地場所で、優勝次点の12勝を挙げましたが横綱昇進は見送られたのです。結果的にはこの時の昇進を逃したことにより横綱にはなれないままではありますが、その後の成績、怪我に悩まされた状況を鑑みますと、この時横綱に昇進していたら間違いなく進退を問われとっくに引退していたでしょう。

怪我さえなければその実力は角界でも指折りであり、その怪力右腕から繰り出される上手投げは、完全に捕まれば史上最強の横綱と評されている白鵬関さえも未だに敵わないでしょう(残念ながら白鵬は、その魁皇の実力を認めているからこそ、全く右の上手を捕らせることをさせません・・・)。

さあ、この記録いつまで伸ばしていくのでしょうか?

2011年7月14日時点で、通算勝利(1046勝)、幕内通算勝利(878勝)、幕内在位場所(107場所)、幕内出場(1439回)、いずれも歴代1位の記録であり、今後も積み重ねることにより未踏の記録が塗り替えられていくのです。

現在、通算出場が1726回で歴代3位、歴代1位の大潮関の記録(1891回)を塗り替えるためには165回以上の出場が必要になります。これは本日の出場から換算すると怪我なく
出場し続けると11場所を要することになり、年間が6場所ですから後、2年かかることになります。

現在の年齢は38歳と11ヶ月ですから41歳まで現役であることが必要です。



ちなみにこの歴代1位の出場記録を持つ大潮関は満40歳で引退しています。魁皇関がこの記録を塗り替えるためには先駆者よりも1年多く現役でいる必要がありますが果たして達成できるでしょうか?



そのためには魁皇関自身のモチベーションがそこにあるかということも非常に重要であり、今後の関取の動向には注目です。



いずれにしても、この偉大な記録が達成されたことを心より祝福いたします(拍手)。
posted by core at 06:00 | Comment(0) | メッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.