株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2011年03月04日

寛解〜メッセンジャー

それはふとした偶然からだった。私が日頃からお世話になっている健康羅針盤でもある漢方みず堂さんが運用するホームページのスタッフブログにある方のことが紹介されていた。

その方とは杉浦貴之氏、この方1971年生まれで、今から12年前の28歳のときに、癌を宣告された。当時、余命半年、2年後の生存率0%と告知を受けられながら、人生の大いなるパラダイムシフトを経験され癌を克服、完治、現在も元気に活動されている。

この方は、癌発症当時の仕事は会計事務所に勤務していたということに、私にも共通点があったことで早速、ご本人にメールをした。

翌日、本人から直接の返信をいただき「いつか会いましょう!」という力強いメッセージを頂戴した。

杉浦貴之談:「ある人が、『癌は締め切り期限のある仕事に就いている人に多い』と言われていた。僕も毎月、締め切りがあった。毎日焦りが消えることはなく、何かに追われるように生き、食事を慌てて胃に押し込み、仕事の辛さは一人で抱え込んでいた。」

私も全く同じ状況だった。

氏が発行されているメッセンジャーという雑誌があることを知り、早速定期購読をするようにした。

届いた雑誌には氏の直筆のメッセージが添えられていた。



このメッセンジャーを読んで、疾病に向き合うということでは共通点がある方たちの手記が寄せられているのだが、人が千差万別、生活環境、境遇も違うのでその状況もまた様々であるということを改めて気が付かされた。

病気イコール自分自身ということで自分自身をみつめなおすということはいっしょであるが、家族がいる人は自分のためだけではなく、家族のためという無形の力も働くが、家族もいない方は自分自身のために闘う、本当に意志が強い?もしくはフラットな方ではないとまずは向き合えないであろうということを再認識した。



生きるという主観的、能動的、そして強い意志



そして生かされているという客観的、俯瞰的、受動的、感謝の気持ち、そして適応力



相反する二つの意識、状況を共存させることこそが、生命に関する寛解なのだと思う。



そしてこの相反する二つのことを“愛”という普遍的な真理で包み込むことが、それぞれの方たちにとって素晴らしい結果を導きだすプロセスであるということではないだろうか?



命の息吹を強く感じる春という季節だからこそ、あえて抽象的ではあるがこのような稿を綴ってみた。



杉浦貴之氏をもっと知りたい方は、 こちらをクリック



*寛解の意味
東洋医学用語でいわゆる一病息災である。持病はあるが完治しておらず、その病気と共存しながら生活している状態を指す。語句の直接な意味としては、ゆるやかに意味を解き明かしていくという意味がある。

posted by core at 06:00 | Comment(0) | 寛解
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.