株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2010年11月16日

泣かぬなら・・・vol.2

戦国大名から天下統一を成し遂げた豊臣秀吉、徳川家康、この二人の人間像、価値観を端的に表した皆様にも有名な言葉があります。

豊臣秀吉
泣かぬなら泣かせてみせようホトトギス


徳川家康
泣かぬなら泣くまで待とうホトトギス


先日、アップしたこの稿が意外?に反響が大きかったのでその続編です。

文面から家康が説いた「泣くまで待とう」は非常に時間がかかるような気がします。しかし、相手が本当に泣く気がなければ、秀吉が説く「泣かせて見せよ」をどのように一生懸命、あらゆる手段を用いても実現できないケースもあるのです。

急がば回れという言葉があるように、初めから泣く気がない相手には、相手の立場に立ってなぜ泣かないのか?なぜ泣けないのか?ということをしっかりと理解したうえで、こちらがなぜ泣かせたいのかを理解してもらうというプロセスを踏んだ場合に、結果的には泣いてもらえる、泣いてしまうということも良くあります。

つまりは、家康は自分の都合ばかりで自分の希望を実現させようとしても思うようにはならないということもこの言葉から説かれているのだと思います。



相手の立場に変われば時間軸も変わるのです。



泣かぬなら、つまりは自分の主体性が確固たるものであるのならば、すぐに結果を出さなくていいことが多いということにも気がつかせてくれます。でもその結果が泣かせてみせよより早くでることもあるのです。



本当に深い言葉です。
posted by core at 07:39 | Comment(0) | コンサルタントとして
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.