株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2010年08月28日

この人がメジャーリーガーだったら?

プロ野球選手がMLBに移籍することは今でこそ当たり前のようになりました。ITの進化により世界がフラット化した今のご時世ではスポーツ交流をあらためてフォーカスされることもなくなりました。

かつて、野茂英雄が海を渡るときは日本中が大騒ぎしたものでした。

しかし、今では野球どころか、サッカーのW杯も4大会連続出場により、世界のプロリーグでも日本人選手は活躍しております。ゴルフも女子世界ランキング1位の宮里藍を筆頭に、石川遼もマスターズ優勝を目標として公言しており積極果敢に海外トーナメントに挑戦しております。

本日は週末ということもあり、かなりオタクチックに私が好き勝手に思うことを綴ってみます。

子供の頃からオタクにも近い程のプロ野球ファン、ご多分にもれず巨人ファンでしたが、今は亡き小林投手の大ファンだった私は、江川騒動での小林投手放出によりアンチ巨人に変わります。

福岡はもともと西鉄ライオンズの発祥の地でもあり、当然ライオンズファンでした。西武ライオンズになってもダイエーホークスを応援することもなかったのですが、平和台球場から福岡ドームにホームグラウンドを移動してから、私のライオンズに対する思いも次第に薄れていきました。

1998年頃からは福岡ダイエーホークスをしっかり応援するようになり、ホークス黄金時代は熱狂的なファンとしてドームに何度も足を運びました。

さてタイトルにもあるこの人がメジャーリーガーだったら?ですが、ずっと以前から地味の代名詞だったパ・リーグ、せめてもの抵抗か?生まれたフレーズは「人気のセ、実力のパ」しかし、お客さんの入りは少なくても見る者をうならせるいわゆる玄人好みの実力派揃いであったこともまた事実です。

だからこそ、私が厳選して地味な実力派の「パ・リーグ」で活躍した名選手、きっとメジャーリーガーでも活躍したであろう選手を何名かご紹介します。

東尾修(ライオンズ)
抜群の制球力がありながらも与死球は歴代1位、シュート、スライダーのコーナーぎりぎりを突く球種を武器に251勝を上げる、西武黄金時代を支えた大エース。

マウンドさばきは圧巻、外国人選手の威嚇にも一歩も引かない。コーナーの出し入れの配給術に加えストレートを早く魅せる技術も一流でメジャーでの活躍は間違いなし!!!

村田兆治(オリオンズ)
マサカリ投法から繰り出される豪速球、伝家の宝刀のフォークボールで215勝を上げる。

日本のサムライ兆治は、変則投法から繰り出される高速の落差十分のフォークボールでメジャーリーガーの強打者は目の前からボールが消えるような錯覚に陥るであろう。ジャパニーズ・ニンジャと言われ恐れられること間違いなし!!!

山田久志(ブレーブス)
その美しいアンダースローから繰り出されるシンカーは芸術品の域に達している。阪急黄金時代にV9ジャイアンツのONに真っ向勝負で挑み続けたその負けん気の強さで283勝を上げる。

地面から飛び出してくるような投球は寸分の狂いもない絶妙の制球力を誇る。シンカーというウィニングショットを武器にしながらも左右の出し入れも自由自在、メジャーリーガーはまさに柔よく剛を制すの如く、手も足も出ないだろう!!!

落合博満(オリオンズ)
言わずとしれた3度の三冠王を取得した日本プロ野球史上最高の打者、その広角打法は日本のプロ野球観さえも変えた。しかしながら打棒がクローズアップされているが、その天性の柔らかい体は抜群の守備力を誇り内野の遊撃以外では全てゴールデングラブ賞を受賞している。

全盛期の落合は、その天性の野球センスでファインプレーをファインプレーと見せない抜群の守備力を誇った。さらに柔らかいグラブさばきはまさに芸術品であり、静かに淡々とメジャーリーガーの強打を平凡なゴロとしてさばいていくだろう!!!

秋山幸二(ライオンズ)
現ソフトバンクホークスの監督、西武黄金時代には走攻守が揃ったメジャーに最も近い男と呼ばれ3割、30本、30盗塁のトリプルスリーも達成、強靭な肉体からはじき出された打球は清原さえも目を丸くしたという。

レーザービームと言えばイチローだが、その広範囲の守備力は当時右にでるものはいなかった。登場したのが少し早すぎた希代のアスリートだった。メジャーを代表する名選手、リッキー・ヘンダーソンとオジー・スミスにも負けない選手だったと思われる!!!



まだまだご紹介したい選手はたくさんいますが、最後にもう一人、永井保、左アンダースローから繰り出される投球は、屈指の外国人打者がきりきり舞いでした。バリー・ボンズとの対戦を見てみたいものでした。
posted by core at 14:18 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
いいですね〜!
タラレバ的空想は楽しいですね。
現役日本人メジャーリーガーは実力的にいくと
往年の選手の誰レベルなんでしょうね。
勝手に比較しました。
松坂→郭タイゲンor江川
岡島→角
イチロー→張本
松井ひでき→清原
福留→秋山
松井かずお→石毛
黒田→槙原
斉藤→遠藤(大洋)
五十嵐→藤川(キュウジの方が上?)
高橋→川口(広島時代)
上原→斉藤マサキ
Posted by YAMAsama at 2010年08月28日 15:07
YAMAsama さんへ

お久しぶりです。スペルがyamasamaからYAMAsamaに変わりましたね。

勝手に比較で感動したのが斎藤→遠藤です!!!

今回の稿でパ・リーグ選手に限定していたのですが、実は遠藤投手はメジャーリーガーにしたい選手の筆頭格なのです。

クレバーな投球術、高速フォークボールのパイオニアであり、現役メジャーリーガーのレジー・スミスやクロマティを翻弄した姿は日本人の可能性を大きく膨らませてくれた影のパイオニアです!!!

オタクネタはオタクを呼び覚ます!!!

定期的にオタクネタも発信します!!!
Posted by coremanagement:Okabe at 2010年08月28日 16:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.