株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2010年07月12日

8番目の優勝国誕生

W杯南アフリカ大会が終了しました。今大会は初のアフリカ大陸での開催、我が国日本も海外大会での初のグループリーグ突破と日本国内でも大いに沸いた大会でありました。開催地の環境が南米に似ていることもあり南米勢5ヶ国が全てグループリーグを突破し、強国のフランス、イタリアが早々に敗退したことからも欧州勢の劣勢が際立っていましたが・・・

ベスト4に残った南米勢は古豪のウルグアイのみ、3位決定戦もドイツがウルグアイを制し、前回のドイツ大会から続けて上位3ヶ国が欧州勢となる結果になりました。

W杯のジンクスともいわれるホームタウン・デシジョン、つまりは欧州で開催されるときは欧州の国が優勝し、その他の地域で開催されるときは南米の国が優勝するという歴史を繰り返してきました。

唯一の例外が1958年スウェーデン大会のときにブラジルが優勝していたのですが、今大会でその逆を実現できたことになります。

スペイン、オランダ、どちらも攻撃的サッカーが真骨頂です。ボールをキープするとそれぞれのスタイルでボールを回します。スペインはコンパクトに早いパス回し、オランダはフィールドをワイドに使って前線に圧力をかけていきます。

スペインのサッカーこそが日本が目指していたサッカーなのでしょうがこの域に達するにはまだまだ時間がかかりそうですね・・・

両国の維持のぶつかり合いは攻撃的な攻めぎ合いを行い0−0のスコアなのに決してディフェンシブなイメージを感じませんでした。後半からは両チームとも運動量が落ちましたがどちらも一瞬の隙を狙ってアグレッシブにボールを動かし続けたのです。

延長戦の後半に遂にスペインの執念が決勝ゴールという形で結実します。

得点王をうかがうビリャをさげて、怪我で出場をしていなかったエース、フェルナンド・トーレスを投入しました。故障は癒えてなくピッチに倒れてしまった直後にその決勝点が生まれました。

2008年の欧州選手権に続き、2010年W杯も制しました。まさに現代サッカーの幕開けともいえるでしょう。オランダのトータルフットボールは30年前はモダンだったのですが、その進化系が現在のスペインのサッカーだと言えるでしょう。



8番目にW杯を手にしたのは無敵艦隊です。16世紀に世界の海を席巻したのですがそれから400年以上の時を経て、サッカーの頂点に立ちました。



Felicitaciones!!!
posted by core at 06:30 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.