株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2010年07月06日

CIO 〜クラウドコンピューティングA

第一回目は、クラウドコンピューティングの概念についてお話しました。今回は、クラウドコンピューティングのメリット・デメリットについてお話します・・・と予告していましたが、もう少し「定義と分類」について掘り下げてみたいと思います。

前回のお話で、クラウドコンピューティングについて・・・

・インターネット回線を利用したサービスモデルである
・クラウドコンピューティングのサービスイメージ
  車を自分で購入するパターンとタクシーを手配するパターン比較
・課金体系の仕組み
  電気や水道のように利用者側に必要な分だけ分配・課金する仕組み

をご説明しました。

これらのことからクラウドコンピューティングとは、

@ほぼ「いつでも使える」状態のIT資源が提供される
Aネットワークを利用して提供される
Bサービスとして従量課金で提供される
C複数の利用者に提供される

これらの条件を満たすコンピュータの利用形態の事を指すといえるでしょう。

利用者は、サービスにアクセスする通信回線を用意するだけです。


一方、クラウド提供事業者は、サービスを提供するデータセンターに
 ・万全のセキュリティ対策
 ・システム停止を短時間に抑えるための「冗長化構成」
 ・24時間体制での監視サービス(サービスによる)
こういった仕組みを構築する必要があります。

このような仕組みを特定の一企業のために提供するとなると、
費用的には高価なものになってきます。

費用的に1社では難しい「いつでも使える」状態のシステムを
複数社(人)で共同利用させることで、比較的安価に提供できることになります。


提供されるサービス形態も大きく3つに分類されます。
@HaaS (Hadrware as a Service:ハース)
 サーバやストレージなどのハードウェアをネット経由で提供するサービス
 データベースやアプリケーションは自分で用意
 アマゾンのAmazonEC2など

APaas (Platform as a Service:パース)
 OSなどアプリケーションを動かす基盤(プラットフォーム)を提供するサービス
 アプリケーションは自分で用意または基盤上で構築
 セールスフォースドットコムのforce.comなど
 エコポイント申請システムなどで利用実績有

BSaaS (Software as a Service:サース)
 PCへのソフトウェア導入不要でネットを経由して提供するサービス
 クライアント側はWebブラウザなどを使って接続
 グーグルのGメールなど

これら3つのサービス形態をみんなで共同利用する仕組みということで、
『パブリッククラウド』と表現する場合もあります。

それに対して、全てのサービスを専用で構築する仕組みを
『プライベートクラウド』と表現します。


s-クラウドサービスイメージ.jpg



ちなみに、従来からあるサービスである・・・
「ハウジング」→ 場所だけ提供するサービス
「アウトソーシング」→ お客様向けの専用業務運用サービス含む
これらのサービスと、上記3つのサービスは異なるものです。


まだまだお話したいことはたくさんあるのですが・・・
詳細をお聞きになりたい方は、勉強会の開催も検討しております。
ご遠慮なくコアマネジメントまでお問い合わせください。

次回こそは、クラウドコンピューティングが抱えるメリットとデメリットについて
お話させていただきます!


posted by core at 06:00 | Comment(0) | COREなスタッフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.