株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2010年06月30日

潰えた夢

2010年6月29日、日本時間23時よりW杯における日本代表の新しい挑戦の幕が開かれたのです。2002年に開催された日韓共催大会でもベスト16に進出、このときはホームという地の利を生かしての決勝トーナメントに臨みました。

結果は1−0で惜敗、この時の相手トルコはこの大会で3位にまで躍進します。

8年後の南アフリカ大会、大会前から岡田監督は一貫してベスト4を目標に掲げてきました。大会前の迷走ぶりが嘘のように各選手は最高のパフォーマンスを発揮、格上の国が立ちはだかるグループリーグを2勝1敗と奮闘、決勝トーナメントに駒を進めます。

対戦相手は南米予選3位通過のパラグアイ(世界ランキング31位)、南米予選では今大会の優勝候補であるブラジル、アルゼンチンとは互角の勝負を展開した強豪です。パラグアイもベスト16が過去のW杯の最高成績なので、この試合の勝者はどちらも初のベスト8に進出となります。

前半は、ボールを圧倒的に支配されながらも堅守のパラグアイの守備網を破り、松井、本田は惜しいシュートを放ちました。

絶対的ピンチもGK川島のスーパーセーブにより得点を許しませんでした。

勝利を信じて応援していますが、惜しいシュート、スーパーセーブ、この善戦は先日のアジアVS南米対決の韓国VSウルグアイとだぶるものがあります。互角の勝負を展開しましたが最後は経験の差が物を言いウルグアイが韓国を振り切ったのです。



この試合がダブってしまいます・・・



後半も互いのチームがディフェンシブのゲーム展開、緊迫の45分間もあっという間に過ぎ去り延長戦に突入します。


延長戦前半は地力のパラグアイ、気力の日本という感じでしたが、後半になって一転、玉名投入により前線が活発になり、何度かパラグアイゴールを脅かしましたが決着つかずPK戦に突入します。


3人目のキッカー駒野が失敗しました・・・


120分を超える死闘は幕を閉じました。


ベスト4という結果としてのサプライズは起こせませんでしたが、その内容はサプライズ、リスペクトに値する内容でした。



ありがとう日本!!!
posted by core at 01:48 | Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
勝負の世界に【タラレバ】はないということも周知の事実です。
我らが日本代表は全力を尽くしたと信じます。

しかし

支配率やプレーエリアを考えると、かなりディフェンシブな戦術確認があったのかと思えます。
試合前に、選手達が口にした「結果が全て」という言葉の裏には、守り抜いてややもすればPKを考えていたのかなとおもえます。
カウンターすら機能しないベタ引きはGLの戦い方と比べれば、少し前の日本代表に戻ったような
気がしました。
岡ちゃんの経験のなさだとすれば、それは協会や日本サッカー界の未熟さかもしれません。

ただ、今後の移籍も含め着実にステップアップするきっかけになった大会だと思いたいです。
Posted by yamasama at 2010年06月30日 09:46
yamasamaさんへ


中村憲剛投入は、絶妙でしたが三枚目のカードである玉名投入が遅すぎましたよね。


采配批判はしませんが、パラグアイの三枚目のカードより15分遅いのですから、最後の最後で日本人らしい優柔不断、つまりは勝ちにいくか?PK狙いか?の決断が遅かったと思います。


勝ちにういくなら森本でしたよね?


Posted by coremanagement:Okabe at 2010年06月30日 18:23
勝ちにいくなら。。。

阿部⇒憲剛
松井⇒岡崎
大久保⇒玉田
トリプルボランチ⇒ダブルボランチ
ではなく

闘莉王を前線でフリーにし、阿部(岩政)をセンターバックに
トリプルボランチ⇒ワンボランチ
リスクを冒して攻める!
岡崎サイドではなく森本センター
駒野を内田で右サイドのやや高めのプレー
こんな感じのyamasamaJAPANはいかがでしょうか?
Posted by yamasama at 2010年07月01日 09:37
yamasamaJAPANさんへ


やはり、この仮説の布陣を見てみると結果は推して知るべし、今大会の日本のベスト4は難しかったでしょうね・・・


本田のワントップという答えが、既にオフェンシブな戦術を取れない結果ゆえですからね・・・


次の人材育成はやはり、指導者とFWですよね。
Posted by coremanagement:Okabe at 2010年07月01日 09:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.