株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2010年06月18日

消えゆくノウハウ

先日、弊社クライアント様が諸事情により休業する事業の状況を確認するために、先方の社長様、こちらの顧問税理士H先生(当ブログでもお馴染みのコメンテーターでもある“マルサの男”広島の税理士様)、そして私の3名で現地現場に行って参りました。

福岡市の西部にある糸島市のとある漁港です。

s-船越漁港.jpg
天候は悪くなかったのですが海岸線が霞んでおり視界不良っていう感じでした。

s-あげ天.jpg
全てが手作りの“あげ天”です。白身の魚、烏賊、野菜などを使い、こちらの方が全ての工程を手作りで丹精を込めて作られています。3年かけて試行錯誤の末、味づくり、工程を作り上げてこられました。

s-聞き込みをするH先生.jpg
製造工程をひとつひとつ確認するH先生、その後ろ姿はまさに“マルサの男”、もっとも今は税務調査ではなく、こちらの事業の存続の糸口が何かないかと検証されていらっしゃいます。

s-スリ身のあげ天.jpg
あげる前のスリ身の状態です。澱粉は3%以下(通常のあげ天ぷらは10%程)の無添加で天然物、手造り、こちらの糸島地方ではアレルギー等で納品に細かい学校給食にも多数納めていらっしゃるのですが・・・

出口、つまりは販売先は時間がかかるでしょうが、戦略次第ではどうにかできると思います。通常は商売の基本は売上を作るのが一番難しいのですが、しっかりとした商材ですし、すでに顧客はある程度は確保できているのです。

ではなぜ存続できないのか?

入口、つまりは原材料の仕入れを確保できないのです。様々なしがらみがあり社長の思う通りにはどうにもならないところまできています。人も雇っていますから、状況が好転するまでの期間が全く読めない、つまりは後どれだけ運転資金を投下して繋ぐかが検討つかない状況になりました。

こちらの社長様からすると苦渋の決断だったと思います。

また状況が変われば再開することもできるのでしょうが、ここでとぎれてしまうノウハウは全ては消えないのですが全て残すこともできません。

こちらを任せていた方にも生活があります。今月いっぱいで退職されるそうです。それでも一生懸命に丹精を込めてあげ天を作っていらっしゃいました。後、2週間足らずでなくなる職場とは思えないほど隅々まで丁寧に掃除された“生きた現場”でした。



幕引きの現場の立会、何度も経験していますが、こちらの社長様、現場の責任者の方、廃業の時まで、今まで築き上げたノウハウを消費者のために丹精を込めて取り組まれる姿勢は必ずや別の機会で芽を開くと思います。



切なくもすがすがしいひと時でした。

posted by core at 05:00 | Comment(0) | コンサルタントとして
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.