株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2010年06月08日

スーパーバイザーの言葉

度々のように当ブログに登場します弊社のスーパーバイザーである美容師のMasaこと田中征洋氏、自身も福岡市中央区天神にてswitchという美容室を経営しています。

単独店舗として20人以上のスタッフを擁する大型サロンです。そのマネジメントの手法には独自の感性、論理に基づきパートナーである共同経営者の方と、「餅は餅屋」という言葉を実践されておりスタッフが切磋琢磨でお互いを高め合うしくみを構築されています。

美容業界は独立志向も高く、最初から修行と割り切って入店してくるスタッフも多々います。当然と言えば当然の帰結なので、そこは問題ないのですが新しいスタッフを受け入れるとき彼がその新人たちに投げかけることは当たり前のことではありますが、たいへん含蓄のあることです。

就職活動に励まれる方たちに彼がブログで発信したメッセージをそのまま引用します。



来春、卒業する学生の皆さん。
就活、頑張ってますか??


僕はねぇ、どうもこの就活って言葉に馴染めないというか、
違和感を覚えるというか…。

まぁ、それは良いんだけどね。

switchも就職説明会を行いました。

いくつかの美容学校には、スタッフが足を運んだりもしてたんだけど、
希望者がいる全ての学校を周るのは、なかなか難しいからね。

今年も、switchに集まって頂きました。

遠くは鹿児島とかから、
泊まりがけで来てくれてる子もいたりして、

その意気込み!

感謝です。

switch設立以来、ずっと続けていること。

きちんと、僕らの想いを真っ向から学生に伝えて、
本気で、やる気のある新人を、
毎年必ず採用すること。


いやぁ、これがさぁ。

毎年、新人を採用し続けるって、
実は、生半可じゃ出来ないんですよ。

だけどね。

この流れだけは、
絶対に途切れさせちゃいけないと思ってるし、
このことが、僕らのモチベーションに繋がっている。

後続の、熱い想いを持った美容師を、
育て続けること。


ちっぽけで、
全体で観れば、
何の影響力もないのかもしれないけど…。

だけど、
これが僕らの使命だと思っている。

僕らの想い。

半端じゃないんです。

だから、
学生諸君にも、
それなりの決意と覚悟を持って、
社会人として巣立って欲しい。


必ず選ばれる人になる。.


これを持ってすれば、必ず生き残っていける。

まず第一戦場になる、就職戦線でもね。


最近ね。
良く聞くんですよ。

どんな職場に就職したいですか??
「人間関係が良いところ」
「スタッフが仲が良いところ」

まぁ、確かににそうだよね。

でも、どうなんだろう。

人間関係って何?
仲が良いって、どんな感じ??

僕には、どうしても、
最優先すべきことがズレてるように聞こえちゃう…。

仕事をするということ。

これ即ち、
その道で、飯を喰う。

そういう事ですよ。

飯を食うと言うことは、
即ち、お金を稼ぐということ。

お金を稼ぐということは、
自分の価値を、お金に換えていくということ。

自分の価値って、何ですか?


自分の才能を最大限に発揮して、
自分自身が成長し、
自分の価値をどんどん上げていける仕事・職場。

その人に価値を見いだし、
組織と個人、それぞれお互いが成長し価値を上げていける。

そんな利害関係が一致した時に、
相思相愛で、
就職って決まるんじゃないですかね…。

少なくとも、
僕はそう思っている。

自分自身を磨いていく為に、
切磋琢磨できる仲間がいる。

お互いに高め合える仲間。

必要な人間関係って、
こんな物なんじゃないのかな?

頑張ってる人から見たら、
やんねぇ奴って目障りだし、迷惑。
助け合おうなんて思えないんじゃないのかな。

メチャやってる者同士だからこそ、

認め合える。

高め合える。

助け合える。



仲が良いって、そういうもんだと思うよ。


これから、就活しなきゃいけない人達へ。


熱い想いと、自身の決意。
それから、自分の最大の武器になる何か。

それを、面接なり就職活動の場で、
腹の底からぶつけて下さい。


ホントの就活って、
こんな感じじゃないですかねぇ。。。


ちょっと、
熱くなりすぎましたか(笑)

switchが欲しいと思っている人材は、
少なくともそういう若者です。

switchは、そんな人達の集団でありたいと思っている。

僕ら美容師は、プロフェッショナルでなきゃいけないんだから。


来春、社会人になる人達へ。

頑張るんじゃなく、 本気で行こう!!




いかかがですか?



頑張るのではなく本気で行く、意外に気が付いていない方たちが多いと思います。



あなたは本気で自分自身の人生と向き合っていますか?



これからの世の中で一番大切なことだと思います。
posted by core at 06:00 | Comment(6) | メッセージ
この記事へのコメント
「頑張るんじゃなく、本気で行こう」
かつて、「山本和義氏(元広島カープ選手、同コーチ、ロッテ監督で広島市出身の著名人)」の講演会で、山本氏も同様なことを言っておられました。「頑張るだけじゃだめ。本気でやらんとだめなんだ。頑張ると本気は全く違うものなんです。だから本気で物事に取り組まなければいけないんです。」同氏の野球人生の体験談からのとてもためになる話だったのですが、殊更この言葉は記憶に残っております。

 私なりに感じたことは「本気でやる」とは、「己に打ち克ち何かを乗り越えてさらに研磨された自分自身を会得するための行為」というふうに受け取っておりました。
言うは易し行うは難しです。
Posted by 広島の税理士 at 2010年06月08日 08:11
私自身の当時の「就活」も、どちらかというと「頑張る」でしたね。

でも、社会人になり「給料やお金をもらう」という事実を実感し始めてからは「やるからには周りから必要とされる存在になってやろう」という気持ちが強く芽生えました。

他人から必要とされる存在になるためには、ただ「頑張る」だけではなく、「自分は他人から何を求められているのか」を「本気で考えて」やることに尽きるのではないでしょうか。

世のなかさまざまな業種がありますが、このことだけは共通のテーマだと思います。
Posted by M at 2010年06月08日 09:52
広島の税理士さんへ


己自身を磨き続けることは確かにたいへん難しいことです。


成長を確認できてこそ次の極みに進むこともできるものです。


彼が言う”仲が良いもの”は必ず必要だと思います。だからこそ切磋琢磨という言葉あるのでしょうからね。


本気で向き合える仲間がいて本気で行く。


今からの時代に大切なことですね。
Posted by coremanagement:Okabe at 2010年06月08日 15:02
Mさんへ


そこなんですよね。本気の行動は、本気の思考から生まれるものなのです。


漠然と行動しても本気の行動にはなりません。


本気で行く= 本気で考える


これがスタート地点ですよね。
Posted by coremanagement:Okabe at 2010年06月08日 15:06
先様に、金銭的にも精神的にも「利」をもたらす。

小手先ではない本音の言動こそ、現代社会においてクライアント様から求められている本当の課題ではないでしょうか。

先様の担当者様が真剣に取り組んでいないとなんだか腹が立つのは私だけでしょうか?


貴殿はそのジレンマに耐えながら業務をこなしていることでしょう。

でも、ご自分の信念に偽りなく言動する勇気も時には必要だと思います。

このブログの田中氏のように・・・

コアマネジメントもその確固たる信念のもとに、コンサルの業務をもっと「岡部カラー」に染めてみてはどうでしょう。

それが目先の営業実績と関係のない「岡部イズム」に基づいた基盤になるのではないでしょうか。

さしでがましくてすみません。


Posted by M at 2010年06月08日 19:19
Mさんへ


アドバイスありがとうございます。


自分自身では確固たるアイデンティティを持って取り組んでいます。自分の信念に偽りなく言動することは大切ではありますが、ご理解いただけない方に強く主張することはないと考えます。


ただし、これはその方と距離を置いているとか、無関心とかではありません。


日本語がわからない方に日本語で訴え続けてもその誠意、真意、熱意が伝わることには時間がかかります。


クライアント様のために私自身を誠心誠意ささげて取り組むうえでは、日々の時間はクライアント様、自分自身そしてチームコアマネジメントのスキルアップ、マインドアップに費やしております。


故にこの私自身の真意を発信し続ける手段が当ブログだと思っております。


継続は力なり


今後も私の言葉を発信し続けます。
Posted by coremanagement:Okabe at 2010年06月08日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.