株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2010年05月18日

雑学のすすめA〜非勝三原則

全国亭主関白協会 なるものをご存じですか?先日、とあるクライアント様のところで打合せ中にはじめて私はその存在を知りました。興味津々だった私、早速“サーファーまーにゃ”に調べてもらいました。ではではどのような内容のものか?

まーにゃからの報告です。

亭主たちよ。夫婦喧ゲンカをしているかい?夫婦ゲンカは仲の良い証拠、おおいに結構。が、全亭協の高段位者になると、心構えが違う。家庭内のイザコザを一夜にして解決する心と技を研究すること約8年。ようやく究極の三原則に至った。5段以上にだけ開陳していたが、誰も買ってくれないかもしれない(笑)本の出版を記念して、披露することにした。

非勝三原則(ひかつさんげんそく)
勝たない
勝てない
勝ちたくない

争わないことが、真の勇者であり、勝者なのだ。

夫婦ゲンカはたいていの場合、「ちょっと!あなた!」から始まる。
足をもつれさせないでリビングのソファーまでたどり着くのも至難のワザだが、
愛妻の「ちょっと」は2、3分ではなく1時間と心得よ。
その際、心の中で唱えるのが<非勝三原則>である。
その深い意味を理解しなければならない。

@勝たない話の内容を聞けば、ひょっとしてこのケンカ勝つかもしれないという思いが湧いていることもあるだろう。しかし、反論すれば1時間が2時間になるだけである。だから勝たない、のだ。

A勝てない仮にその問題が100%、亭主に分があるとしても、敵(じゃなかった愛妻)は、形成不利と見れば20年も前の出来心の浮気を引き合いに出すにきまっているのである。だから、勝てないのだ。

B勝ちたくない
もし、勇気を振り絞って戦い、そのケンカに勝ったとしよう。愛妻は反省するだろうか?否、しない。次の機会にそのストレスが5倍、10倍になってはね返ってくるだけであろう。だから、勝ちたくない、のだ。

以上の趣旨をよく理解すれば、<非勝三原則>の深さがお分かりだろう。
日本には素晴らしい非核三原則があり、亭主には、ちょい、情けないが、非勝三原則がある。
争わないことが、真の勇者であり、勝者なのだ。
全国の亭主たちよ、それでも戦うのか(笑)



とまあこんな感じです・・・



私はどうでしょうか?なんて今思案中です(笑)
posted by core at 06:00 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
非勝三原則、家庭外でも役にたちそうですね。

スティーブン・コヴィーの「七つの習慣」を思い出します。
Posted by M at 2010年05月19日 07:09
Mさんへ

そうなんです。勝たない、勝てない、勝ちたくないを対人関係に置き換えたら、円滑に進むと思います。

Posted by coremanagement:Okabe at 2010年05月20日 08:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.