株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2010年03月13日

覚醒×核生(カクセイ)〜5年目のハードルA

先日、2010年3月5日に胃カメラを受診した。つまりは上部消化器官である食道、胃、十二指腸の内視鏡による直視検査を受けたのである。結果は問題なし。5年目の卒業検定に向けてひとつ前進した。

2010年3月11日、この日は下部消化器官、手術箇所である大腸の内視鏡による直視検査である。K大病院の主治医U医師より、2010年3月18日のCT及び腫瘍マーカー検査を受診されるまでに他の病院、医院で受診してくれとのことだったので、中央区のT病院を両親のかかりつけ医より紹介していただき受診してきた。

このT病院は、大腸ファイバー検査は入院による検査で行っており、問題なければ日帰り入院、ポリープ切除術、生険時の状態によっては入院もあるということで早朝の7時30分より入院をした。

日帰りとはいえ、持参したパジャマに着替えて病院のベットに横たわるのは気分がいいものではない。

担当看護師が来て、検査手順の説明の前に10分程のビデオを見せられた。

定期的に検査を受けている私にとっては、いずれもわかりきったことなのだが、初めての方がこのビデオを見たらどう感じるだろうと考えながら見ていた。私見だが、ただの検査ならルーティンで見るだろうが、便潜血、下血等のなんらかの症状があっての再検査の人がこのビデオを見せられても何も目に入らないと思う。

経口腸管洗浄剤を2時間で2リットル飲みながら便を出して腸管を洗浄していくのだが、私にとっては、5年前にはじめて大腸癌が見つかったとき、すでに癌がかなり進行しており腸管を全狭窄の状態で癌細胞が覆っていて、服用後、4時間経過しても排便が全くなく浣腸をしたり、レントゲンを撮ったりと散々な思いが蘇る一番緊張する時である。

服用後、30分ぐらいして普通どおり最初の便意をもよおし、普通に排便、定期的に検査をうけているが、この1回目の排便が予定通りにできるとほっと一安心である。

この後も順調に排便して午後1時前にはいつでも検査ができる状態になった。

この日は検査が多かったようで、内視鏡室から呼び出されたときは午後2時半を過ぎていた。その後は、検査をしていただいたY先生はご紹介のN先生もおっしゃっていたが内視鏡の名医らしく、時間にして15分ぐらいでほとんど苦痛もなく終わった。

カメラがお腹の中からでてきてときに

「後ほど説明しますが、全く問題ありませんよ。ポリープの腫瘍らしきものも一切ありませんね」



長い1日だったがまたひとつ前進した。



次回は2010年3月18日、K大病院でCT及び腫瘍マーカー検査である。
posted by core at 06:00 | Comment(2) | 覚醒×核生(カクセイ)
この記事へのコメント
私は「大腸潰瘍」という広島県の特定疾患を5年前より患っており、「特定疾患医療受給」の更新のため毎年「大腸ファイバー検査」を行っております。心配しながら検査結果を待つなんとも言えない気持ちが実感としてよくわかります。健康のありがたさをしみじみ感じております。
Posted by 広島の税理士 at 2010年03月13日 14:57
広島の税理士さんへ


大腸ファイバー検査は検査前の準備に時間がかかるため毎回、その時間のなんともいえない緊張感は今だになれません。


ついつい何かあったらと考えてしまいますよね。


検査が終わって帰宅したときに家族で囲む食卓で現在の健康がいかにありがたいことかを思い出せてくれる心身にとっても本当に大切な検査ですね。
Posted by coremanagement:Okabe at 2010年03月13日 15:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.