株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2009年07月22日

皆既日食

本日、2009年7月22日は、実に46年ぶりに我が国で皆既日食が観察できる日であります。前回は1963年7月21日でした。

そもそも日食とは国立天文台のホームページによると

「日食」とは、月が太陽の前を横切るために、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象です。太陽が月によって全部隠されるときには「皆既日食」と呼ばれます。今回は一部の地域でこの「皆既日食」が見られます。また、太陽のほうが月より大きく見えるために月のまわりから太陽がはみ出して見えるときには「金環日食(または金環食)」と呼ばれます。太陽の一部しか隠されないときには「部分日食」と呼ばれます。
日食は、見る場所によって、どのくらい深く欠けるかも違いますし、日食が始まる時刻や一番大きく欠ける時刻・日食が終わる時刻も違います。


つまりは、46年前は北海道東部でありましたが、今回の皆既日食が観測できる場所は、鹿児島県の奄美大島、屋久島、悪石島等で、本日のために普段は少ない島の人口が観光客で4倍以上に膨れ上がっているそうです。

全国で観測できると言われていますが、実際は前述の鹿児島地方以外は部分日食です。しかしながら、今回は「食分」という太陽が欠ける比率ですがかなりの高い割合となります。


s-皆既日食.jpg
私が住んでいる福岡地方での「食分」0.897にも及びます。午前9時37分39秒より始まり、午前10時56分5秒に最大となり、午後12時17分48秒に終了するようです。

本日より四国出張です。クライアント様の社長と車にて四国は愛媛県の四国中央市に向かいます。



ちなみに次回は、2035年9月2日に北陸・北関東で観測できるそうです。26年後ですから私は65歳ですね。次回は是非、皆既日食を観測したいものです。
posted by core at 06:00 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
先日、子供たちと日食を楽しみにしている妻に、
「日食を見ようが見まいが人生そう変わらんぜ」といって、妻から大ヒンシュクを買いました・・・

しかし、そんな私が今日、職場のみんなとワイワイ言いながら空を見上げてはしゃいでしまいました(汗)

いくつになっても天体の神秘にはワクワクするものですね(笑)
Posted by M at 2009年07月22日 15:54
Mさんへ

いやぁ硫黄島からの映像は衝撃でした!!!
26年後は絶対に身に行こうと思います。
Posted by coremanagement:Okabe at 2009年07月24日 08:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.