株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2009年07月20日

おくりびと

2008年に第81回アカデミー外国語賞を受賞した映画です。納棺師を通して人間の普遍的なテーマである死というもの描いています。

俳優の本木雅弘氏が、青木新門・著「納棺夫日記」に感銘を受けて10年の歳月を経て実現された渾身の作品です。

誰にとっても当たり前の“死”、しかしその当たり前のことも日々生活している人々にとっては“汚らわしい”ことでさえもあります。死生観の根源に迫る描写を日常生活に絡めて笑いあり、涙ありで“軽快”に描いています。

本木雅弘氏が演じる主人公に、山崎努氏が演じる上司(社長)が語りかけます。

ふぐの白子を口にする前に

「これも死体だ。生き物が生きていくために、生き物を食べる」

さらに続けます

「生きている限り食べる、同じ食べるならおいしい方がいい」




納棺師として人をおくりだす。



生への畏敬を持って食事をする。



死に対して、生の象徴である“食”を対照的に描写しているところはあらためて生の尊さ、そして生きていることの素晴らしさを実感させられます。



そして最後に離別した父を納棺するときに生きていることの意味を主人公は見出したのでしょう。



感動の作品です。


posted by core at 06:00 | Comment(0) | おすすめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.