株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2009年05月27日

年輪経営

リーマンショックをきっかけに、従来の利益至上主義では経営が立ちいかなくなるという考えがようやく一般的に浸透するようになってきました。

1980年代、世間がバブル経済で湧き上がる時代から利益至上主義を徹底して排してきた経営者がいらっしゃいます。伊那食品工業の会長である塚越寛氏です。

塚越氏の経営感には自然の摂理に基づいて培われており、氏が常日頃からおっしゃっている経営感が年輪経営なのです。

「50年も経った木の年輪が、急に大きく輪になることはない。一方で、前年より小さくなることもない。それが自然の摂理で経営も一緒だ。」低成長でも自分たちで需要を作り出して末広がりを目指すというのです。

さらに氏の企業観に自然の摂理に基づいた言葉が、「利益は“ウンチ”である。健康な人は自然に良いウンチが出るでしょう。それと同じで、健康な企業からは、良い利益が出るものだと思っています。利益は企業の健康さの結果です。」

利益至上主義とはいわゆる結果主義です。利益を“ウンチ”に置き換えるということは、従来の企業経営の目的を非常にわかりやすく揶揄さえされている非常に含蓄のある言葉です。“ウンチ”を目的として日々の生活を営んでいる人はいないものです。

利益は結果であるわけでそれ以前のプロセスを重んじる経営こそが真髄であると30年以上前から説かれているのです。



伊那食品工業の経営方針をご紹介します。

1. 人件費はコストではない。だから、リストラはしない
2. 社員が安心して働けるように、年功序列制度を守る。成果主義、能力給は導入しない
3. 急成長は必ずしも善ではない。低成長でも末広がりの「年輪経営」を目指す
4. 売り上げや利益は目的ではなく、企業経営の手段に過ぎない。企業の成長とは、去年よりも今年、今年より来年と、社員が幸せや豊かさを感じられるようになること



伊那食品工業のホームページです。是非ご覧ください。

Check it !!!
posted by core at 06:00 | Comment(0) | ビジネス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.