株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2009年04月03日

球春到来

WBCの興奮冷めやらぬ4月3日、プロ野球が6年ぶりにパ・リーグ、セ・リーグの同時開幕になります。今回のBLOG、自他ともに認める野球好きの岡部、思いっきり自己中心の順位予想をしてみました。

今年は何といっても“侍ジャパン”

チーム編成、ペナントレースの傾向、順位予想、全てを“侍ジャパン”中心で考察しました。

まずは、昨年の日本一、埼玉西武ライオンズ、私が応援する地元福岡の福岡ソフトバンクホークスが属するパシフィック・リーグの順位予想です。

1位:埼玉西武ライオンズ
2位:北海道日本ハムファイターズ
3位:福岡ソフトバンクホークス
4位:東北楽天ゴールデンイーグルス
5位:千葉ロッテマリーンズ
6位:オリックスバファローズ

順位にはめ込めばこのような感じです。

区分を取れば、

1位〜2位:埼玉西武ライオンズ、北海道日本ハムファイターズ
2位〜4位:埼玉西武ライオンズ、北海道日本ハムファイターズ、福岡ソフトバンクホークス、東北楽天ゴールデンイーグルス、千葉ロッテマリーンズ
5位〜6位:東北楽天ゴールデンイーグルス、千葉ロッテマリーンズ、オリックスバファローズ

やはり、WBCで活躍した選手がいるチームが上位に行くと思います。鍵を握るのは、投手力、機動力、つなぎ、まさに“侍ジャパン”そのものです。

正直、埼玉西武ライオンズかなと思います。頑張れホークス!!!

続いて、セントラル・リーグ

1位:中日ドラゴンズ
2位:読売ジャイアンツ
3位:広島東洋カープ
4位:阪神タイガース
5位:東京ヤクルトスワローズ
6位:横浜ベイスターズ

順位にはめ込めばこのような感じです。

区分を取れば、

1位〜2位:中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツ
2位〜6位:中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツ、広島東洋カープ、阪神タイガース、東京ヤクルトスワローズ、横浜ベイスターズ

注目はWBCに選手を一人も出さず、さらに川上、ウッズ、中村紀の投打の主軸がいなくなった中日です。しかしながらこのチームの野球はまさに“侍ジャパン”、心情的には中日には優勝して欲しくありませんが・・・

後、阪神ファンの方ごめんなさい・・・正直ロートル感は否めません・・・

やはり優勝は、読売ジャイアンツかなと思います。



あれ、2008年といっしょですね・・・

最後に思いっきり私見の各球団の注目の人をご紹介します。

埼玉西武ライオンズ 栗山巧(オープン戦首位打者、昨年打率.317、盗塁17もWBC落選)
北海道日本ハムファイターズ 二岡智宏(抑えのマイケル中村を放出してまで獲得、活躍すれば打線のキーマンに)
福岡ソフトバンクホークス 松田宣浩(松中、小久保に続け!オープン戦4本塁打)
東北楽天ゴールデンイーグルス 田中将大(岩隈と真の二本柱になれるか?)
千葉ロッテマリーンズ B・バレンタイン(日本最後、次回WBCの米国代表監督候補)
オリックスバファローズ ビッグボーイズ(ローズ、カブレラ、ラロッカ、フェルナンデス、機能すれば敵なし?)
中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀(日本一のストッパー、彼の復調なくしては・・・)
読売ジャイアンツ 李承Y(WBC辞退、ペナントにかける!オープン戦8本塁打)
広島東洋カープ 栗原健太(WBC緊急招集、ペナントにかける若き4番打者)
阪神タイガース 金本知憲(ご存じ鉄人、左ひざ手術の影響は?)
東京ヤクルトスワローズ 青木宣親(WBC大活躍、次代のイチロー)
横浜ベイスターズ 工藤公康(5月に46歳を迎える現役最年長!彼の活躍如何ではひょっとすると!?)


さあ今夜、開幕です!!!
posted by core at 06:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.