株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2009年03月25日

侍ジャパン

第2回WBCで国民の期待を一心に背負った日本代表こと“侍ジャパン”、期待通りの活躍で見事に世界一の座に輝いたのです。

号外が飛び出し、株価も急上昇、昨夜のニュースもWBC一色!!!

COREな談話室も例外なく“侍ジャパン”について語りたいと思いますが、せっかくのblogなので思いっきり私見で行きます。

10回表2アウト2,3塁でバッターはイチロー、本人に「最後に神が降りた」と言わしめたその瞬間に導いてくれた人、私は原監督だと思います。

長嶋ジャパン、王ジャパン、星野ジャパン、監督名が冠についてきた日本代表、“侍ジャパン”をつけなかったらこの結果はなかったでしょう。

采配が良かったか?それは問題ではありません。彼が監督だから選手が日本代表に集うのではないということを彼はよく理解していました。

忘れてはいけません。長嶋、王のV9巨人黄金時代の後の4番を担ったのは彼なのです。前任の4番打者が偉大な2人でなかったら・・・

それでも歴代の日本の打者でも決して劣ることのない立派な強打者でしたが、何分にも比較対象になる人が日本球史を代表する屈指の2人だったのです。

そうなのです。この2人の後を引き受けた本当の重さを知っているのは日本で彼一人なのです。

巨人のチーム編成で揶揄されたスター軍団、いわゆる多国籍軍団を率いたのも仮想“侍ジャパン”のシミュレーションを事前にできていたのです。

今回の“侍ジャパン”でも、彼しか経験していないことが生きていたのです。不振にあえぐイチローの苦悩を一番理解していたのは原監督でしょう。イチローに対するバッシング以上のことを監督は経験されているのですが、そのようなことはおくびに出さなかったのです。

そして現在のベスト布陣をひいたという言葉通り、前年の日本シリーズでその実力をいかんなく発揮した日本一の埼玉西武ライオンズ勢の、中島、片岡、涌井の起用の巧さ、目立って取り上げられていませんがこれは十分に名采配だと思います。

“侍ジャパン”

原辰徳という名前は全くでてきません。


夜のスポーツニュースを見ていた時の妻の一言

「監督って!原さんだったの!?」

選手が主役という環境をしっかり作っていたことを再認識した瞬間でした。




皆様は同感ではないでしょうね。でも私のMVPです。

原さん本当にありがとう!!!
posted by core at 06:00 | Comment(3) | おすすめ
この記事へのコメント
私も岡部さんと同じ思いです。私の仕事はいかに皆の力を出し切る環境を作り出せるのかです。野球も仕事もチームワークです。一人一人が自分の立場を理解し役割を果たす。今回の侍ジャパンはそのもの通りでした。
Posted by 渡邉民男 at 2009年03月25日 08:56
私にとってのMVPも原監督ですね!

采配の賛否は耳にしますが、チームのモチベーションの高さは間違いなく原監督のおかげだと思います。

勝って驕れず、負けても言い訳をしない。そして、選手、チームをこよなく愛している方でしょう。

原監督が戦国の世に生きていたら、兜には「愛」という文字が飾られていたのではないでしょうか。


Posted by M at 2009年03月25日 10:54
渡邉民男さん、Mさんへ

そうなんですよね。今回の侍ジャパン、チーム愛とチームワーク、今の時代に一番大切なものを私たちに伝えてくれたような気がします。

サッカーW杯日本代表に足りないものが、侍ジャパンにはあると強く感じました。

勿論、決勝戦の対戦国だった韓国にも同じものを感じられました。

勝敗を分けたものは、野球文化の歴史(経験)の差だったのかもしれませんね。

企業文化も同様です。組織に対する帰属意識、そして一枚岩の結束、結果も重要だけどそれ以上に過程を重視する、まさに内部統制です!!!
Posted by coremanagement:Okabe at 2009年03月26日 07:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.