株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2008年11月18日

ブログ炎上も覚悟の上で・・・

私は、ソフトバンクホークスのファンです。今年、王監督が14年間の監督生活を終えられました。順位は最下位・・・。仕方がない結果だったと思います。

戦犯・・・V逸事や、予想外の低迷成績になった場合にその主要因となった選手を指します。

松中信彦、不動の4番バッターです。王監督の愛弟子であり、2004年には三冠王も獲得しています。

戦犯・・・V逸事や、予想外の低迷成績になった場合にその主要因となった選手を指します。

松中信彦、不動の4番バッターです。2006年から7年の総額年棒45億円の大型契約を結んでいます。賃貸一戸建てから福岡市中央区に豪邸をかまえました。ホークス一筋を内外に示したのです。

戦犯・・・V逸事や、予想外の低迷成績になった場合にその主要因となった選手を指します。

松中信彦、不動の4番バッターです。2004年リーグ1位を果たしながら、プレーオフで彼が不発、再三のチャンスに彼は凡退し続けました。2005年リーグ1位を再度果たしながら、またもプレーオフ不発、その不甲斐なさを福岡ドームで見せつけました。2006年リーグ3位に終わるもプレーオフで奮闘、彼は過去2年の鬱憤を晴らすかのように7安打7打点と気を吐くも第2ステージで日本ハム相手に敗退します。

戦犯・・・V逸事や、予想外の低迷成績になった場合にその主要因となった選手を指します。

松中信彦、不動の4番バッターです。日本人野手最高年棒でありながら、ここ2年間の打率が .279、本塁打は40本、打点は160打点、2年間の合計です・・・。ちなみに、2008年セリーグ最下位の若き4番打者、村田修一、年棒は彼の3分の1以下の1億6千万円、同じくここ2年間の成績ですが、打率が .304、本塁打82本、打点215打点、2年間の合計です!!!

戦犯・・・V逸事や、予想外の低迷成績になった場合にその主要因となった選手を指します。

松中信彦、不動の4番バッターです。現役選手で唯一の三冠王達成者です。戦後の日本プロ野球の三冠王を並べました。野村克也、王貞治、落合博光、G・ウェルズ(ブーマー)、R・バース、松中信彦、どう感じられますか?

戦犯・・・V逸事や、予想外の低迷成績になった場合にその主要因となった選手を指します。

松中信彦、不動の4番バッターです。常勝球団の4番バッターは夢と感動を与えます。古くは長嶋茂雄、王貞治、1970年代のミスター赤ヘルこと山本浩二、西武黄金時代の清原和博、2004年以降のホークス、4番で勝った試合は数える程しか記憶にありません・・・。

戦犯・・・V逸事や、予想外の低迷成績になった場合にその主要因となった選手を指します。

松中信彦、不動の4番バッターです。今年のソフトバンクホークス、空前絶後の故障者続出の1年でした。その中で、彼は気を吐き144試合フル出場したのです。パ・リーグ規定打席に到達した野手で彼以外にフル出場を達成したのは、日本ハムの田中賢介だけです。素晴らしいのですが、それだけ期待を裏切り続けたのです。


彼は間違いなく一流選手です。しかしながら、ピークは過ぎています。この7年に及ぶ長期大型契約なんと2013年まで続きます。


どう思いますか?ソフトバンクホークスのファンの皆様、彼に甘すぎませんか?


海の向こうでは、レッドソックスはM・ラミレスを好成績ながらもシーズン中に放出、V逸のヤンキースはA・ロッドさえもバッシングの嵐です。


新生ホークスの4番は、やはり松中信彦なのでしょうか?

松中信彦、不動の4番バッターです・・・。
posted by core at 07:00 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
COREな談話室、いつも楽しく拝見させて頂いております。
私も三宅一生デザインのユニフォーム時代からのホークスファンですが・・・
ここ数年のホークスの凋落ぶりは悲しいものがあります。
2004年初のプレーオフからが松中選手の「チャンスに弱い主砲」との印象が強くなったかな、と個人的には思います。
しかし、ファンとしては常勝ホークスの立役者でもある彼の来シーズンでの発奮を期待するものです。但し4番はどうかな?とも思います・・・
Posted by HY at 2008年11月18日 08:25
HY様へ

コメントありがとうございます。
今もって不思議なのは、彼に対するファンの期待の高さです。

今までの常勝ホークスを第一期黄金時代としたら、彼は、井口、小久保、城島と並ぶ立役者だったのです。

今後の第二期黄金時代を築くためには、彼はHYさんが言われるように4番は務まりません!!!

常勝ホークスの第一期黄金時代を支えた現監督の秋山は、西武第二期黄金時代の主軸でした。しかし、福岡ダイエーホークスでは、状況に応じて脇役としてチームを盛りたてました。そんな彼も存在感は抜群でしたよね!!!

松中もそろそろ分を弁えるときです。

川ア、本多、松田、長谷川

次を担う選手が出てきています。松中よ、秋山監督を見習え!!!
Posted by coremanagement:Okabe at 2008年11月18日 08:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.