株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2008年11月07日

沖縄に学ぶ

少子高齢化社会を迎えています。現在、日本では毎年60万人の人が減少しているそうです。実に鳥取県の人口とほぼ同じです。このままでは2050年には1億人を割ります。

少子高齢化時代をいかに乗り越えるか?

高齢化は寿命が延びていることなので、決して悪いことではありません。しかしながら、どのような状態で寿命が延びているのかが重要です。医療の進歩により様々な疾病の治療技術が上がり、このことも大きく起因していると思います。

長寿といえば沖縄県!2008年9月に発表された人口10万人当たりの100歳以上の人の数は36年連続トップで61.03人だそうです。最も少ない埼玉県は14.22人、4倍以上の長寿率です。

この要因に一般的には、気候や食生活、畑仕事が1年中できることによる適度な運動量、ストレスをためない気質などが上げられており、人体にとって好条件な環境であることが言われています。

2001年にWHO(世界保健機関)が公表した「第1回沖縄国際長寿会議」で次のようなことが報告されています。

沖縄県の特徴として
・友人が多い
・芸能が好き
・性格が明るく高齢者を敬う
・鉄道がない、交通インフラが脆弱
・住民はよく歩く
・運動と休養のバランスがよい

このような特徴からも古くから言われている大切なもの、「談笑」「会食」「郷土芸能」「祭り」というような古い風習が今でもしっかりと根付いています。

このようなことは全て健康にとって非常に重要な免疫力のアップに必要なことばかりです。

そしてもうひとつ重要なこと、少子化問題についても沖縄県は、人口増加率は東京都、神奈川県に次いで全国3位なのですがその内容が、1,2位の関東圏の2つは、他県からの人口流入によるもので、日本全体での増加率向上には貢献していないのに対し、沖縄県は自然増加いわゆる出生率が全国1位なのです。

このことも、前述の県民性の特徴が起因していると思えます。

今のご時世に失いかけている大切なものが、沖縄県では守られているのです。



人の踊る時は踊れ

医学博士の志賀貢氏がおっしゃった健康格言です。現代人のライフスタイルに問題があることは誰もが認識していますが、現実にはなかなか改善できません。




少しのゆとりを持って・・・これを意識すると変わることができるきっかけにはなるでしょう。今から(明日から、後では、だめですよ(笑))はじめてみましょう!
posted by core at 12:22 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.