株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2008年10月31日

静かなる報道〜偉大なアスリートの大記録

以前にもこのblogで、私にとっての永遠のスパースター清原和博に対する私の思いを綴りました。今年はオリンピックイヤーも重なり様々なアスリートの引退発表が相次ぎました。

アスリートの引退事情も様々ですが、アスリートの心情に基づいて大きく分けると次の3点に絞られると思います。

1.悔いなし
2.悔いあり
3.別になし

この場合3.はトップアスリート、特に世間でも注目されている人には少ないとは思いますが、1.と2.はアスリートのその時の状況によって様々なケースがあると思います。この場合の純粋な完全燃焼は良しとしましょう。

では不完全燃焼とは?

@怪我に悩まされ完治できずに自分自身でイメージするパフォーマンスを発揮できない。
 →まだ続けたいが引退

A自分自身で現状におけるベストパフォーマンスは発揮できるがオファーがない。
 →まだ続けたいが引退

状況は様々で上記と類似した他のケースもあるでしょうがこの2つのケースに集約されると思います。


三浦知良!!!


キングカズ、日本サッカー界の至宝、サッカーをこれだけの人気スポーツに押し上げた最大の功労者といっても過言ではありません。

様々なトップアスリートが次々に引退していく中、今だJ2で現役プレーヤーとして活躍しています。先日10月29日に41歳7ヶ月29日でのゴールを決め、Jリーグ最年長ゴールの記録を塗り替えました。

しかしながら、その報道の扱いのあまりの小ささに私も、“カズ”もびっくり?しました。

今から10年前、1998年フランスW杯開催直前に代表から落選、念願のW杯まで自分自身と他の選手を鼓舞し続けた結果、日本を初のW杯出場まで導いたのですが、アスリートとしてのパフォーマンスとしては自身のピーク時を超えていたこと、世論の“カズ”不要論にも後押しされたのか?、当時(現在も)の岡田監督は落選を決断したのです。

このことが、今の現役続行には大きく影響していると思います。彼は、これによって常に不完全燃焼の状態になっているのでしょう。



彼にとっての完全燃焼はどのようなものか?



私も注目し続けていますが未だ見つけられません。



やはりW杯出場なのか?現実は無理でしょう・・・(私は心の片隅では期待しています)

kazu001.jpg 先日のJ最年長ゴールを決めたとき


posted by core at 07:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.