株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2008年10月24日

一番になる人

つんく。“シャ乱Q” のボーカルとして「ズルい女」等4曲のミリオンセラーを記録しました。メジャーデビューは1992年ですが、1994年より音楽プロデューサーとしてのプロデュース活動を開始しました。

1998年に“モーニング娘”のプロデュースを開始し、このユニットが大ブレーク、その後も精力的にTOKIO、五木ひろし、西城秀樹などに楽曲を提供し、近年は外食産業にまで手を広げるマルチプレイヤーとしての才能をいかんなく発揮しています。

今回お薦めの書は、著者が自分を凡人と位置付けたうえで、凡人でも一番になれるということを説いた必読の書です。切り口は“妄想”というキーワードからはじまります。

ここで“妄想”ですが、大辞林でその意味を引くと

1.根拠もなくあれこれと想像すること。また、その想像。

2.仏語。とらわれの心によって、真実でないもの真実であると誤っ て考えること。また、その誤った考え。妄念。邪念。

3.根拠のないありえない内容であるにもかかわらず確信をもち、事実や論理によって訂正することができない主観的な信念。精神病の症状としてみられ、内容により誇大妄想・被害妄想などがある。


いずれもいい意味とは言えません。

しかし著者は、この妄想こそが大事と説きます。本質は妄想をすることが大事なのではなく、それがきっかけとなってそれを達成するための具体的な検証をひとつひとつ行うことが重要と説かれます。本人が浄土真宗本願寺派の門徒ということもあり、内容、語り口調は、フランク、マイルドですが、辻説法のニュアンスが多々含まれています。

著者の根底には、物事の原理原則が脈々と流れています。先祖を敬い、自分自身の系譜である家族、祖父、祖母、父、母に対する思い、自分自身が結婚して親となりこの引き継いだ思いを子に授けていく強い意志、著者自身の成功は決してテクニック的なものではなく人間としてのしっかりとした本質に基づいて導かれたということを感じさせてくれます。

自分自身のグループ“シャ乱Q”のヒット、プロデュースした“モーニング娘”のヒットいずれも巧妙な経営戦略に基づいたものですが、全ての源流は原理原則に基づいています。
非常に驚いたのは、以前にもこのblogでおすすめした2冊の書籍、【アマゾンのロングテールは、二度笑う】、【闘う経済学】このいずれも経営戦略における原理原則、経済学における原理原則を説かれているのですが、いずれにも通じるところがあり非常に興味深い書です。余裕のある方はこの2冊を読まれた後に、今回のおすすめの書を読まれてください。



posted by core at 07:00 | Comment(4) | おすすめ
この記事へのコメント
こんばんは^^
お久しぶりですね。
まずは株式市場ですが、経験則の通用しない事態を迎えています。バブル崩壊後のNK安値は7607円でしたが、今日それに迫り、CMEやSGXではあっさりと7000円台前半をつけています。日本はサブプライムの傷は割りと浅いほうなのですが、産業構造上、予想外の円高進行に下方修正を余儀なくされます。三角合併等の買収防衛のために持合株式が復活したところにこの株安はまさに裏目にでてしまいました。昨年の夏よりリセッションに入ったと周囲には言っていましたが、ここにきて一気に織り込んできたようです。最悪6000円台を見る場面もあるかもしれませんね。PBR等でみれば割安を通り越していますが、指標もなにも関係なく、資金化の嵐です。

中小企業でもBKが自行防衛のために融資厳格化・貸し剥がし等の動きが出始めているのではないでしょうか。混乱期こそ、コンサルタントの力量が計れます。どうぞ、頑張ってください。

1番になる人、、1番の企業。
何をもって1番なのか。世界に1つだけの花になり、それぞれの花を咲かせながら、認め愛、生きていければ本当にすばらしい世界になるでしょうね。。

Posted by 月一三郎 at 2008年10月25日 00:07
月一三郎さんへ

いつも”スルドいコメント”(”ズルい女”風の表現)ありがとうございます。

今回の日経平均株価の下落は、バブルの時と違い、耐震構造問題にはじまり、食品表示偽装、食品の残留農薬問題etc・・・

おにぎり文化、欧米人では考えられない他人が素手で握ったものを平気で食する、いわゆる本質的には相手に委ねられる気質。

ここを逆手に取って、ビジネスに変えてきたことが次々に露呈して、おにぎり文化の崩壊、いわゆる日本特有の信頼文化の崩壊を意味するのではと思います。

以前より、全ての情報に懐疑的になっています。
発信されている情報量に対して、情報の質の低下を潜在的に認識してきています。

真の意味で成熟国家になれるのか?

日本は試されているのです。
Posted by coremanagement:Okabe at 2008年10月25日 10:17
こんばんは。
ちょくちょくお邪魔してすみませんです^^
NK平均6000円台を一瞬つけましたね、チャンス到来とばかりに買いに向かいました。

岡部さんは投資はされないのですか?
あまり株に興味がないならご迷惑かもしれないと思いまして。

深夜に失礼しました。では☆
Posted by 月一三郎 at 2008年10月29日 02:19
月一三郎さんへ

昨年は少々株をたしなんでいましたが、今年の1月に全て引き揚げました。

幸い傷は浅く、その後の動向を見て胸をなでおろしていたものです。

現状は投資にまわす余剰資金がないので傍観しています。

今回の一連の金融不安問題で、いわゆる”ミーハー投資家”なる方々(たまたま儲かった)はご退場になると思います。これからは、知力、体力、度胸の集約で勝負する真の投資家の真の市場、いわゆる本来の投資市場の姿に戻るのでは?と思っております。

今からの動向は目が離せません。
Posted by coremanagement:Okabe at 2008年10月29日 07:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.