株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2008年08月04日

清原和博その3

遂にその時が来ました。1軍復帰前の記者会見で、今季限りで現役を引退する意向を明らかにしました・・・。

「こんな状態なので、来年はグラウンドに立てないと思う」

かつての盟友は皆先に球界を去りました。桑田真澄、野茂英雄、伊良部秀輝、佐々木主浩、おそらく彼らの中で誰かがまだ現役であれば続けたかもしれません。

やはり、もう一度だけ、放物線を描いた打球を外野スタンドに放り込み、大声援のグラウンドをしっかりとした足取りで1周するために帰って来るのですね。

たった1本でいいです。それが見納めになるのではないでしょうか?この世に野球の神様がいるのであれば、どうかお願いです。清原和博のホームランを見させてください。あえて贅沢を言わせてもらえるならば、北京オリンピックが終了した後に、日本代表から帰って来たダルビッシュ有投手か、田中将大投手から打って欲しいものです。次の世代にしっかりとバトンを渡して行ってください。

その時は確実に近づいてきています。新庄剛が引退するとき、彼はチームを鼓舞し続けて、下馬評では評価は高くなかった日本ハムファイターズを日本一に導きました。

北京オリンピックがはじまるため、各球団の主力選手は日本代表として召集されます。実は、清原和博がいるオリックスバファローズは12球団で唯一、日本代表選手が召集されないチームです。戦力ダウンがありません。現在47勝50敗首位西武と8.0ゲーム差の4位、3位のソフトバンクとは2.5ゲーム差です。クライマックスシリーズはまだまだ手が届きます。もう一度日本シリーズでもその勇姿をみたいものです。

8月3日、京セラドームまさに自身のご当地大阪、オリックスVSソフトバンク戦の7回無死から、その瞬間はやってきました。695日ぶりの1軍の打席、代打のコールされた後、球場は総立ちの拍手で清原和博を打席に迎え入れました。ソフトバンクホークスのマウンドには今年急成長著しい左腕の大隣投手、北京オリンピックで和田、杉内の両左腕のエースが収集されたチーム状況では、現時点におけるエースといっても過言ではないでしょう。

プロの世界は厳しいですね。私をはじめ、様々な人々の期待を一身に背負った打席でしたが、大隣投手の力の入った、なおかつきちんと制球された直球に力負け、5球全球直球でしたが、この勝負は完敗でした。やはり、2軍戦では2本ホームランも出ていましたが、1軍のしかもエース格の投手の前では、調整不足は否めない打席でした。

おそらく今後、どの投手も直球勝負で来るでしょう。実戦から離れていると切れのいい直球程一番打てないものです。見る側からすると直球勝負はワクワクしますが、現実は清原和博程の打者なら変化球の方が対応できるでしょう。さらに清原自身の打者心理からも直球を打ち返すことにこだわっていると思います。今の状況では明らかに負の連鎖ですね。

毎試合1打席の勝負しかできないでしょう。現状から冷静に判断すると、1本のホームランは不可能に近いかもしれません。しかし、ベンチで声をあげて自軍の選手を鼓舞する姿が、何度となく見られました。こよなく野球を愛し、ファンの声援に応えるため、そしてチームの勝利のために、闘う姿勢を見せてくれています。

おそらく最後の闘いとなるのでしょう。奇跡を信じます!!!

今シーズンの残りは、私はソフトバンクホークスの応援をやめます!!!

頑張れオリックス!頑張れ清原和博!!!

kiyo03.jpg
悲壮の決意で臨む記者会見で涙・・・

kiyo04.jpg
7回無死、695日ぶりの1軍打席も三振・・・
posted by core at 12:17 | Comment(0) | おすすめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.