株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2008年07月11日

告白Vol.20〜迷走

抗がん剤投与という決断は、病気は大丈夫という自分自身の確証があったわけではありません。ただ苦痛に耐えられなくなっただけなのです。

ここから、迷走がはじまりました。退院後、わずか1ヶ月弱の服用でしたが、体力、気力ともに弱りきっていました。主治医のU医師の見解は、服用を中止したこの期間に体力の回復をはかって、経口剤ではなく点滴による再度の抗がん剤投与を試みることをすすめられましたが、この時の私には全く考えられませんでした。

翌日より、パソコンのインターネットや書店の本等で代替療法を検索しまくりました。癌サバイバー、いわゆるステージV以上の方の生還(回復)に関連するものも調べまくりましたが、ずっと後で気が付くことなのですが、このときはその共通点も見いだせず、悪い情報、いわゆる5年生存率、再発率、等の類のものしか目に入ってこない状況に陥っていました。不安は極限状況に達していたので、それを紛らわすために無理をして仕事の復帰の準備を進めていました。

心の支えが、もっと正確には気が紛れるものを欲していたのです。

"告白Vol.17〜現実"で記載しましたが、売却に出ていたマンションが遂に売れました。諸事情がありご紹介できませんが、この時のディベロッパーの担当の方には本当に良くしていていただけました。今でも心より感謝しています。売却の報告に自宅に来られたときに「もっと高い価格で売れたら良かったのに本当に申し訳ありませんでした。」と頭を下げていらっしゃいました。こちらとしては、借入金が残らない残債以上の価格で売っていただいたうえに、仲介手数料も取られなかったのに最後までこの対応、自分で住むことはできなかったけど、このディベロッパーで、この担当の方で本当に良かったと思いました。

答えは見つかりません。ひとつの問題は片付きました。確かに心の重荷がひとつ無くなったことは非常に大きいのですが、根本は何も解決していません。

「世の中の癌患者の方はどうしているのだろうか?」そのようなことばかり考えていました。癌患者の会に入ることもひとつの方法だとインターネットや書物にも出てはいましたが、そのような気力さえ出てこない状況でした。

つづく
posted by core at 14:06 | Comment(0) | 告白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.