株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2008年06月24日

夢をかなえるゾウ

今回のおすすめ書籍、先週末時点で全国のベストセラー(日経ビジネス社調べ)なので、ご存じの方も多いかもしれませんね。ガネーシャという関西弁の象の神様が、平凡な主人公を通して様々な教えを伝授していただけます。

そこそこの学歴、そこそこの企業、この物語の主人公は一般的にはどちらかというと成功者の部類に入りますが、心の中では常に成功したいという欲求に駆りたてられています。しかしながら、変化を求めて何かをはじめても長続きしない、そんな自分にあきれはしていますが、妥協もしています。

そのような主人公のところに、この不思議な神様ガネーシャは突然現れます。毎日のように、普通の課題を授け、主人公は変わりたい、成功したいと思っているため、半信半疑ながらこの神様の課題をこなしていくのです。

半信半疑というのがポイントだと思います。人は本来、自分自身のこと、他人のことも含めて中々信じきることが出来ないのです。心のどこかで「本当なのかな?」と思っているのです。これが“信じる”というパラダイムシフトができるときに自分自身の成長があります。

今までの世の中に登場した偉人は、この“信じる”力が強かったと思います。

ガネーシャが主人公に様々な教え伝授するときに、いろいろな偉人の例をあげていきます。その方たちに共通していることを、本書のなかでもガネーシャの言葉を通して伝えていますが、私自身はこの“信じる”が一番大切だと思います。

この本のなかで、一番印象に残ったガネーシャの教えをひとつ引用します。

(時間が)ぱんぱんに入った器から何かを外に出すんや。そしたら空いた場所に新しい何かが入ってくる。それは、勝手に入ってくるもんなんやわ。たとえば、自分の周りで会社を辞めたやつも、意外としぶとう生きてるやろ。それは、会社辞めることで空いた器に何か新しい仕事が入ってきとるからやねん(水野敬也著 夢をかなえるゾウP.104抜粋)

何かを変えたい、前に進みたいというときに強く“信じる”ことができれば、そのわずかな一歩が踏み出せる言葉と思いませんか?

感じ方は人それぞれ、さあガネーシャの教えに触れてみましょう!



posted by core at 18:42 | Comment(0) | おすすめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.