株式会社コアマネジメント HOME当サイトについて個人情報の取扱サイトマップ
お問い合せ
会社概要 事業内容 業務事例 COREな談話室 LINK
 TOPページ > COREな談話室

2014年07月09日

王国の夢は潰えたけど・・・

結果は予想できただろう。でもその内容は想定外だったかも知れない・・・

サッカーW杯のブラジルVSドイツ、ブラジル敗戦という事実よりその1−7という結果には当事者のみならず世界中に衝撃が走ったかも知れない。


しかしながら大きな伏線はあった。


前試合でイエローカードの累積により準決勝に出場停止となったキャプテンのシウバ、そして腰椎骨折により出場不能になった至宝ネイマール、大幅な戦力ダウンは必定で下馬評もドイツ有利だった。


今大会、前回チャンピオンのスペインが初戦のオランダ戦に1−5の敗退という波乱のスタートで結果的に予選落ちした。世界を席巻したパスワークを中心とした戦術よりも、高温多湿、そしてラテン系の南米での開催ということも相まって、個で打開するトラディショナル・サッカーがトレンドのように言われていたが・・・


起点のネイマールがいないだけでこんなにももろく崩れ去るだろうか?


持論だが否である。


パスワークサッカーに個の突破というエッセンスがプラスになったのがトラディショナル・サッカーでいわばトータルフットボールのバージョンアップという訳である。


ブラジルは自国開催なので予選を戦っていない。本大会予選も同組の難敵はメキシコでしかも勝手しったる中米のチーム、欧州のチームはクロアチアでドイツ、スペイン、オランダと比べれば明らかに格下、カメルーンにいたっては既にチームの体をなしていなかった。


決勝トーナメントも強豪とはいえ同じ南米のチリ、コロンビアとの対戦、本大会のはじめての欧州勢とのガチンコが今大会絶好調のドイツとなれば、個の打開策の切り札ネイマールをかけば結果も内容も必然だったであろう。


さあ、明日のオランダVSアルゼンチン、気まぐれ?エースのメッシの調子次第とも言えるがファンペルシー、ロッペン、スナイデル、カイトを擁するオランダに勝てるのでしょうか?


まあ、明日の未明にはその結果はわかりますけど・・・
posted by core at 11:15 | Comment(0) | 岡部のtweet
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

株式会社 コアマネジメント
〒814-0171 福岡市早良区野芥2丁目25-3-107
TEL:092-985-0502 FAX:092-980-1059
URL:http://www.coremanagement.jp/
Copyright (C) 2010 COREMANAGEMENT Co.,Ltd. All Rights Reserved.